映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アラジン」ウィル・スミスが生ラップ披露、ジーニー役はキャリア集大成に

102

「アラジン」最速試写会イベントでのウィル・スミス(中央)。

「アラジン」最速試写会イベントでのウィル・スミス(中央)。

ディズニー実写映画「アラジン」の最速試写会イベントが、本日5月17日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、ジーニーを演じたウィル・スミスが登壇した。

本作は砂漠の王国アグラバーを舞台に、主人公アラジンと王女ジャスミンのロマンスや、魔法のランプを巡る冒険を描くファンタジー。スミスはジーニーのテーマである「フレンド・ライク・ミー」をバックに、「皆さん、こんばんはー!」と元気に登場し、観客とフレンドリーにハイタッチを交わしながら壇上へ。「皆さん、映画を楽しんでもらえたかな?」と呼びかけると、鑑賞直後のファンたちは大声援で応えた。

スミスは「東京にまた来れてとても興奮してる。今回の映画は私のキャリアの中でも特別なもの」と切り出し、「歌って踊ってラップして、ドラマもコメディもある。この30年間で培ってきた技術をすべて披露することができた」とジーニー役が自身の集大成であると語る。撮影前には、役作りのため6カ月間ほど準備期間が設けられたそうで、「俳優だから踊ってるみたいに演じてみせることはできる。けど実はダンスがあまり得意ではないんだ。そのあたりに苦労したよ。あとは、この映画で初めてアイライナーを付けて演技をしたんだ」と続けた。

撮影の初日に「フレンド・ライク・ミー」のシーンを撮影したことに触れながら、スミスは「そのおかげでジーニーのキャラクターをつかむことができた。ロビン・ウィリアムズがアニメで表現したスタンダップコメディのスタイルはとても画期的だった。そこにオマージュを捧げながら、僕は昔やっていたザ・フレッシュ・プリンス(ラッパー名義)のスタイルをジーニーに取り入れたんだ」とコメント。ダンスの振り付けは専門家が担当しているが、監督を務めたガイ・リッチーの意向もありシーン全体やジョークのセリフに関してスミス本人の意見が反映されているという。

ジーニーのユニークなキャラクターがスミス本人と瓜二つなことを指摘され「常にハッピーでいられる秘訣は?」と聞かれる場面も。スミスは「公の場ではいつもハッピーです」と皮肉を効かせながら、「幸いにも若い頃から自分が好きなことをやってこれた。こういった大好きな俳優の仕事をして、お金を稼げる。この2つが、私がハッピーでいられる理由」と明かした。

ステージに上がったファンが「『フレンド・ライク・ミー』のダンスを観てもらえませんか?」とスミスにお願いすると、あらかじめ客席に控えていたダンサーがフラッシュモブでサプライズ。事前に練習していた観客も一緒に踊り始め、壇上のスミスもノリノリに。サビのラップパートでは、自らマイクを持って歌声を披露する一幕も。スミスは満面の笑みを浮かべながら「とても驚いたよ。ありがとう」と手を合わせてみせ、最後までサービス精神旺盛な姿を見せた。

「アラジン」は、6月7日より全国ロードショー。

(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー