映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ダンボ」ティム・バートンが実写化に込めた思いやサーカスの魅力語る

68

ティム・バートン

ティム・バートン

ディズニー実写映画「ダンボ」の監督を務めたティム・バートンが、プロモーションでの来日時に都内での記者会見に出席した。

本作は、1941年製作の同名アニメをもとに、大きすぎる耳のせいで笑い者にされるサーカス団の象ダンボの姿を描いたもの。ダンボとの出会いによって、周囲の人々が夢と希望を取り戻していく。コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンらが出演した。

バートンは「オリジナルのアニメーションをそのままリメイクすることは難しいけれど、あの作品が持っている感覚やハートの部分を捉えたかった。複雑な時代だからこそ、シンプルな感情を伝えたいと思ったんだ」と実写化に挑んだ理由を語る。そして、ほかの象と異なる外見を持つダンボのキャラクターを「僕自身、彼がとても理解できた」と話し、「奇妙で、周囲から浮いていて、ほかの人から見たら欠点である部分を肯定的に捉えることが美しさになる。そこからインスピレーションが沸いた」と明かした。

CGで作られたダンボの造形については、「有機的な形にできあがっていった。リアルな部分とファンタジーな部分を組み合わせて、うまくいくように試行錯誤したよ。動物のかわいらしさを生かして純粋な感情が伝わるように、そしてあまり擬人化させないように気を付けた」と説明した。

サーカスの団長・メディチ役のダニー・デヴィートが久々に自作に出演したことを「20年ぶりくらいに一緒に仕事ができてうれしかった」と喜び、「彼とはもう3回くらいサーカスの映画を撮っているので、『“サーカス3部作”はこれで終了!』と伝えたよ(笑)」と冗談を交えて話すバートン。さらに「子供の頃、サーカスは好きじゃなかった。動物が捕らわれていて、ピエロが怖いし、緊張感がある出し物が多いからね」と述懐し、「居場所のない者や異形の存在たちが集まって、何かができる場所ということには魅力を感じていたよ」とサーカスへの思いを述べる。

最後にバートンは、誰もが知る「ダンボ」を実写化したことの意義を「僕自身が影響やインスピレーションを得た作品。そこから感じたものを新たな解釈で表現することで、さらにほかの人にインスピレーションを与えられればいいと思っているよ」と真摯に語った。

「ダンボ」は3月29日より全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー