映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ラ」完成披露、桜田通が笠松将のベースプレイ称賛するも「ハードル上げないで!」

246

「ラ」完成披露上映会の様子。左から高橋朋広、笠松将、桜田通、福田麻由子、ダンカン。

「ラ」完成披露上映会の様子。左から高橋朋広、笠松将、桜田通、福田麻由子、ダンカン。

」の完成披露上映会が本日3月14日に東京・新宿武蔵野館にて開催され、キャストの桜田通福田麻由子笠松将ダンカン、監督の高橋朋広が登壇した。

本作は、桜田演じる青年・慎平が自身のバンド・LACTIC ACIDを再結成するために奮闘する青春エンタテインメント。イベントではまず、作業服にメガネとマスクを着用したダンカンに登壇者たちから一斉にツッコミが。気を取り直した桜田は「お話をいただいたときは、こういうふうに自分を登場させたいと思ってくれたことに驚きつつもうれしかったです。監督とお会いした際に作品への熱い思いをお聞きして、試練の多い役を一緒に乗り越えられることが楽しみになりました」と述べる。

ある“もの”と引き換えに慎平に金を渡す恋人ゆかり役の福田は「一応彼女なんですが、貢いでいる役ということで。自分に務まるだろうかという不安もありましたが、挑戦しがいのある役だなと思いました」と回想。慎平の元バンド仲間・黒やん役の笠松は「役名があだ名なので、最初はチョイ役かと思ったんです(笑)。でもキーになる重要な役だったので、(役をもらって)2段階で喜びがありました」と振り返る。

タクシー運転手役のダンカンは「音楽映画と聞いたので、フレディ・マーキュリー来たかなと思ったんですがね? でもなかなか味わいのある役をいただいて、真剣に取り組まなきゃと思いました。楽しかったです」と真面目にコメント。しかし、続いて客席に「女の子ばっかりですね。みんなきれいだなあ」「アウェイだからどうでもいいのよ」と絡み出し、キャストたちから制止されるという一幕もあった。

本作のタイトルについて高橋は「いろんな意味が込められているんですが、赤ちゃんが“ラ”の音で産声を上げるというのがあって。それがその後の人生に関わってくるんじゃないかというところから、慎平くんたちのお話ができあがりました」と説明。また、慎平と黒やんの親密な関係を作るために、撮影の1カ月前からリハーサルをしたという桜田は「ただ仲のいい関係をもう1つ越えなければいけなかったんです。なので、リハーサルで喧嘩をした日や一緒に楽しい時間を過ごした日を疑似体験していって、自分たちの中で腑に落ちた段階で作品の世界に飛び込んでいきました」と明かした。

劇中のライブシーンに話が及ぶと、桜田は「1曲のために必死に練習して臨みました。笠松くんはベースが初めてとは思えないくらいで」と称賛。笠松は「ハードル上げないで!」と慌てつつ、ダンカンの「ほんとに見ものですよ! 指だけ別の人ですからね」という冗談を「違います! 本人です」ときっちり訂正していた。最後に桜田は「桜田通としては、観てくださった方に楽しんでいただければいいなと思っているんですが、慎平の気持ちとなるとそれだけじゃ足りなくて。一番この映画が熱い、ヤバいってならなきゃ嫌だなと思って演じていました。この映画を観て少しでもいいなと思ったら、周りの人に広めていただけるとうれしいです」と語りかけ、イベントの幕を引いた。

「ラ」は4月5日より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(c)2018 映画『ラ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー