斎藤工「後光が見えます…」、松田聖子から「家族のレシピ」初日に祝福メッセージ

478

家族のレシピ」の初日舞台挨拶が本日3月9日に東京・シネマート新宿で行われ、キャストの斎藤工伊原剛志別所哲也が登壇した。

「家族のレシピ」初日舞台挨拶にて、左から伊原剛志、斎藤工、別所哲也。

「家族のレシピ」初日舞台挨拶にて、左から伊原剛志、斎藤工、別所哲也。

大きなサイズで見る(全14件)

斎藤工

斎藤工[拡大]

シンガポールと日本の外交関係樹立50周年をきっかけに製作された本作では、群馬・高崎市でラーメン店を営む真人が、幼い頃に死去した母が記したノートを見つけたことから、自分のルーツを探るために母の地元・シンガポールへ旅立つさまが描かれる。数多くの海外映画祭で上映されてきた本作の日本公開を迎え、斎藤は「この作品はヨーロッパやアメリカ、ブラジルなど世界を旅してようやく日本に到着しました。僕の俳優としての体験の中でも、こんなにカメラを意識せず素直でいられたことは初めてです」と思いを口にした。

劇中の狭いラーメン店を大げさに再現して、くっ付く登壇者たち。

劇中の狭いラーメン店を大げさに再現して、くっ付く登壇者たち。[拡大]

伊原剛志

伊原剛志[拡大]

別所哲也

別所哲也[拡大]

主人公・真人役の斎藤を中心に、伊原は父の和男役、別所は和男の弟・明男役と家族を演じた3人。伊原が「工とは最初に『愛と誠』で同級生を演じて、その次は先輩と後輩の役だった。今回は父と息子だったから、次は恋人役?」と面白がると、斎藤は「(恋人役)一択です」と真剣にうなずいた。別所は監督のエリック・クーを斎藤に紹介したことから本作が生まれたことを明かし、「出会いがこうやってつながっていくのは不思議ですね」と感慨深そうにコメント。斎藤は「国際的な活動を独自にされているお二人と共演できることは本当に光栄でした」と尊敬のまなざしを2人に向ける。

スクリーンに映し出された松田聖子からのメッセージ映像。

スクリーンに映し出された松田聖子からのメッセージ映像。[拡大]

サプライズがあると聞き、斎藤工が「松田聖子さんが出てくるのかな?」と期待していたらだるまが運び込まれた場面。

サプライズがあると聞き、斎藤工が「松田聖子さんが出てくるのかな?」と期待していたらだるまが運び込まれた場面。[拡大]

続いて本作を鑑賞した俳優の竹中直人による絶賛のコメントが、司会者によって代読された。「スクリーンを見ながら斎藤工の汚れなきお芝居に圧倒された」「純粋すぎる工に乾杯!」という竹中の言葉に、斎藤は「エリックが作ってくれた現場の空気感がなした技ですね」と謙遜。さらに本作の出演者である松田聖子によるサプライズメッセージの上映も。松田からは共演者やスタッフへの感謝とともに「素晴らしい物語です。たくさんの方々にご覧いただけたらうれしいです」というメッセージが贈られた。斎藤は「聖子さんには後光が見えますね……相変わらず」とほほえみ、「聖子さんは現場でもナチュラルで。両親を失った真人が心にぽっかり空いた穴を彼女の存在に埋めてもらったように、僕も撮影現場で聖子さんにいざなってもらいました」と松田の存在の大きさに言及する。

斎藤工がだるまの目を披露する様子。

斎藤工がだるまの目を披露する様子。[拡大]

そして本作が高崎の全面協力により撮影されたことから、最後は映画のヒットを祈願して高崎だるまに目を入れることに。無事に目を描き終え、斎藤は「この映画は40に近い国で上映されてきました。多くの日本映画は国内に向けて作られていますが、アジアのクリエイターたちが世界中の劇場めがけて制作をしている姿を見て、僕も映画に関わる人間として大きなメッセージをいただきました。また日本とシンガポールの大事な歴史も描かれていて、僕自身も学びを得ることができた作品です」と本作に見いだした意義を伝えた。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

斎藤工のほかの記事

リンク

関連商品

(c)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists