映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

サンダンス出品、元ミュージシャンの父と娘描く「ハーツ・ビート・ラウド」公開

74

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

2018年のサンダンス映画祭やSXSW(サウスバイサウスウエスト)映画祭に出品された「Hearts Beat Loud」が、「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」の邦題で6月7日に公開される。

「The Hero(原題)」のブレット・ヘイリーが監督した本作は、元ミュージシャンのシングルファーザー・フランクと娘のサムが、それぞれの人生へ踏み出す姿をハートフルに描くもの。劇中では、アメリカ・ブルックリンのレッドフックで17年間営んでいたレコードショップを閉めることにしたフランクが、サムと一緒にある曲をレコーディングしたところ、Spotifyでまたたく間に拡散される。そこで未来の扉が開かれたような気分になるフランクだったが、サムはロサンゼルスの医大への進学や恋人との関係といった問題と直面することになる。「ヤギと男と男と壁と」のニック・オファーマンがフランクを、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズがサムを演じ、トニ・コレットテッド・ダンソンも出演した。

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかでロードショー。

(c)2018 Hearts Beat Loud LLC

映画ナタリーをフォロー