【アカデミー賞速報】「グリーンブック」が脚本賞に輝く、GG賞に続き受賞

156

第91回アカデミー賞の脚本賞を、「グリーンブック」のニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリーが獲得した。

「グリーンブック」ポスタービジュアル

「グリーンブック」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

ピーター・ファレリー

ピーター・ファレリー[拡大]

「メリーに首ったけ」で知られるファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務めた本作は、実話をもとにしたロードムービー。1962年、人種差別が根強く残るアメリカ南部へコンサートツアーに出かけた黒人ピアニストのドン・シャーリーと、用心棒兼運転手の粗野なイタリア系男性トニー・“リップ”・バレロンガが少しずつ距離を縮めていくさまを描く。トニー役をヴィゴ・モーテンセンが、ドン役をマハーシャラ・アリが務めた。なおヴァレロンガらは、第76回ゴールデングローブ賞でも脚本賞を受賞している。

「グリーンブック」は、3月1日から東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。なおファレリーは日本公開に合わせて来日し、3月3日に劇場での舞台挨拶に出席する予定だ。

※アカデミー賞関連記事はこちらから

この記事の画像・動画(全3件)

第91回アカデミー賞 脚本賞

※★印が受賞者・受賞作品
デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ「女王陛下のお気に入り」
ポール・シュレイダー「魂のゆくえ」
★ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリーグリーンブック
アルフォンソ・キュアロン「ROMA / ローマ」
アダム・マッケイ「バイス」

関連記事

ピーター・ファレリーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 グリーンブック / ピーター・ファレリー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。