映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山形出身の峯田和伸と橋本マナミが日台合作映画で共演、蔵王などで撮影中

947

左から峯田和伸、橋本マナミ。

左から峯田和伸、橋本マナミ。

峯田和伸橋本マナミが共演する日本と台湾の合作映画「愛情出演(仮題)」の公開が決まった。

台湾の監督グオ・チェンディが手がけた本作は、岡本かの子の「老妓抄」に収録された短編小説「越年」をもとに、日本と台湾、マレーシアでの男女3組の恋愛を描いたラブストーリー。日本パートでは山形を舞台に、故郷に戻った峯田演じる寛一と、橋本扮する彼の幼なじみで初恋の相手・碧の関係が映し出される。グオ・チェンディが日本の雪景色の撮影を希望したことからロケ地に山形が選ばれ、同県出身の峯田と橋本がキャストに抜擢された。

「愛情出演」は2020年に公開予定。現在、山形市の西村写真館、山形駅前、蔵王、上山市楢下、山辺町作谷沢などで撮影が行われている。

映画ナタリーをフォロー