映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

広瀬アリスと柳楽優弥をドラえもんたちが質問攻め「チョコをあげるなら?」

1212

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」完成披露舞台挨拶の様子。左から広瀬アリス、柳楽優弥。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」完成披露舞台挨拶の様子。左から広瀬アリス、柳楽優弥。

映画ドラえもん のび太の月面探査記」の完成披露舞台挨拶が本日2月11日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、ゲスト声優の広瀬アリス柳楽優弥中岡創一ロッチ)、高橋茂雄サバンナ)、監督の八鍬新之介、脚本を手がけた辻村深月が登壇した。

「映画ドラえもん」シリーズ第39弾となる本作は、月を舞台としたSF冒険ファンタジー。広瀬は「ちょっとウルッとするところもあり、ゲラゲラ笑うところもありましたし、観終わったあとに『本当にドラえもん大好きだな!』って思える映画になっていると思います」と、柳楽は「今回は特に友情が描かれているところが大好きでした。楽しみにしていてください!」と本作をアピールする。

月を舞台にした理由を問われた辻村は「ドラえもんたちは映画で冒険に行ってないところがほとんどないのですが、奇跡的に月にはまだ行っていなかったんです。なので、1回きりの月面着陸でドラえもんたちと月を冒険してみたいと思いました。でも、観測が進んでわかっていることも多いので、物語の舞台として作るのは大変でした」と明かす。八鍬は辻村の脚本について「ドラえもんは毎回少し不思議なSFの話なんですが、今回はいわゆるハードSFも登場するので、その両方をどう1つにまとめるのか辻村先生と進めていきました」と語った。

ここで、舞台上に登壇していたドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫からキャストたちへの質問コーナーに。ドラえもんから「姉妹仲良しの秘訣は?」と聞かれた広瀬は「私も『なんで録画してないの?』とかたくさん喧嘩します(笑)。でも(秘訣は)喧嘩を長く続けないことです」と答える。次にのび太から「もしドラえもんと冒険に行くならどこですか?」と尋ねられると、柳楽は「実際に月へ冒険に行きたいです。今度連れて行ってください」とお願いをし、ドラえもんたちから「いいよー!」「行こう行こう!」と歓迎されていた。

ドラえもん、のび太とともにNASAの施設を訪れた中岡は、ジャイアンから印象に残ったことを問われると「ドラえもんとのび太くんに(訪問中に)誕生日を祝ってもらったこと。NASAとは関係ないけど、それが一番うれしかったですね」と述懐。続いてスネ夫から広瀬へ「バレンタインでチョコを渡したいのはこの中で誰ですか?」と質問が挙がると、スネ夫、ジャイアン、のび太に加え、高橋と中岡も立候補する。高橋が「正直スネ夫、ジャイアン、のび太には勝ってるでしょ」と煽ると、ジャイアンは拳を上げながら向かって行き、高橋は「ジャイアン、どつきに来てるやん!」と怖がって会場の笑いを誘った。そんな中、広瀬は「みんな! もらえない人がいたらかわいそうだから」とにっこりほほえんで場を収めた。

レギュラーキャストとして水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一も参加する「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、3月1日より全国ロードショー。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

映画ナタリーをフォロー