実はノーCG!「メリー・ポピンズ リターンズ」バスタブシーンのメイキング映像

176

メリー・ポピンズ リターンズ」のメイキング映像が、YouTubeにて公開された。

「メリー・ポピンズ リターンズ」

「メリー・ポピンズ リターンズ」

大きなサイズで見る(全10件)

「メリー・ポピンズ リターンズ」ポスタービジュアル

「メリー・ポピンズ リターンズ」ポスタービジュアル

1965年日本公開作「メリー・ポピンズ」の20年後を描く本作。映像には、エミリー・ブラント演じる主人公メリー・ポピンズが泡でいっぱいのバスタブに背中から飛び込むシーンの裏側が捉えられている。予告編にも収録されていたこのシーンは、実はCGではなく長い滑り台が設置された大掛かりなセットで撮影。メイキング映像では、子役たちやブラントが自らバスタブに飛び込んでいく様子を観ることができる。

「メリー・ポピンズ リターンズ」

「メリー・ポピンズ リターンズ」

リアルな撮影方法にこだわった監督のロブ・マーシャルは、全編を通してできる限りCGを使わず、スタントマンもなるべく起用しなかった。彼は「今回の映画では手で触れられるようなリアルで現実味のある表現を求めたから、なるべくCGを使わずに撮影したんだ」と語っている。

「メリー・ポピンズ リターンズ」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品

(c)2019 Disney Enterprises Inc.