インテリ黒人ピアニストと粗野な白人が距離を縮めていく「グリーンブック」予告編

170

第76回ゴールデングローブ賞のミュージカル / コメディ部門で作品賞、脚本賞など3冠を獲得した「グリーンブック」の予告編がYouTubeにて公開された。

「グリーンブック」

「グリーンブック」

大きなサイズで見る(全9件)

「グリーンブック」ポスタービジュアル

「グリーンブック」ポスタービジュアル[拡大]

実話をもとにした本作は、「メリーに首ったけ」で知られるファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーがメガホンを取ったロードムービー。舞台は1962年、人種差別が根強く残るアメリカ南部へコンサートツアーに出かける黒人ピアニストが、用心棒兼運転手として粗野で無教養な男を雇う。彼らが、黒人を受け入れるビジネスやサービス機関のリストが記載された“グリーンブック”を頼りに旅を進める姿が描かれる。「はじまりへの旅」のヴィゴ・モーテンセンが家族のために黒人の運転手を引き受けるイタリア系のトニー・リップ、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリがインテリで気品にあふれたピアニストのドン・シャーリーを演じた。

「グリーンブック」

「グリーンブック」[拡大]

予告編は、シャーリーのピアノ演奏からスタート。正反対のトニーとシャーリーが、人種を超えて少しずつ距離を縮めていく姿が切り取られていく。トニーがシャーリーにアドバイスをもらってリンダ・カーデリーニ演じる妻ドロレスに手紙を書く場面や、シャーリーが入店拒否されたことでトニーが怒りを爆発させる場面も。

「グリーンブック」は3月1日から東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

ピーター・ファレリーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 グリーンブック / ピーター・ファレリー / ヴィゴ・モーテンセン / マハーシャラ・アリ / リンダ・カーデリーニ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。