映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柳楽優弥が語る新たな“夜明け”、小林薫との共演に「負けたくない!」

380

「夜明け」公開記念舞台挨拶の様子。左から広瀬奈々子、高木美嘉、小林薫、柳楽優弥、YOUNG DAIS、鈴木常吉。

「夜明け」公開記念舞台挨拶の様子。左から広瀬奈々子、高木美嘉、小林薫、柳楽優弥、YOUNG DAIS、鈴木常吉。

夜明け」の公開記念舞台挨拶が本日1月19日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの柳楽優弥小林薫YOUNG DAIS鈴木常吉高木美嘉、監督を務めた広瀬奈々子が登壇した。

ある秘密を抱えて逃れてきた青年シンイチと彼を偶然救った哲郎が親子のような関係を築いていく本作。監督デビューを飾った広瀬は制作者集団・分福に所属し、是枝裕和「海よりもまだ深く」や西川美和「永い言い訳」で監督助手を務めた人物だ。シンイチ役の柳楽は「是枝監督の『誰も知らない』で俳優デビューして、一周回って、この『夜明け』でお弟子さんの初監督作に出演したことを光栄に思っています」と挨拶する。

近年出演した「ディストラクション・ベイビーズ」「銀魂」を引き合いに出しながら「個性的なキャラクターを演じることが多かったけれど、この『夜明け』では、抱えているものはあるけれど、いたって普通の青年を演じています。こういう役は、自分をさらけ出さないといけない。まるで舞台で裸にされているような(笑)。現場では、広瀬監督を信頼して、現場の中で生まれたものを大事にしようと心がけました」と撮影を振り返った。

小林との共演について、柳楽は「以前、大河ドラマでご一緒したこともあり親しみやすかった。僕自身もしっかり付いていかなきゃと思いますし、おこがましいですが負けたくない!とも思いました」とコメント。そして小林は「普段はあまりお礼を言わない男なんですが、今日は心からお礼を言います、ありがとう!」と謝辞を述べ、「演者の方で固まりすぎてると、それを崩すのが大変なので、現場では穏やかに化学反応が起こるように、と心がけました」と役作りを明かした。

タイトルにちなみ2019年にチャレンジしたい「私の“夜明け”宣言」を求められた柳楽は「役者としては、2019年は主演映画や舞台が多いので今までとはまた違った形で向き合えたらいいなと思っています」と述べる。そして「平成最後のタイミングで是枝監督のお弟子さんの監督デビュー作に主演として参加することができた。この作品が僕にとっても“夜明け”になると思っています。ここで得たものをしっかりと次の作品にも生かし、常に上を目指してがんばりたいです」と力強く語った。

(c)2019「夜明け」製作委員会

映画ナタリーをフォロー