映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「王室教師ハイネ」出演者を教育的指導!蒼井翔太演じるJKに安里勇哉が翻弄される

196

劇場版『王室教師ハイネ』公開前スペシャルイベント ~皆さん、全員集合ですよ~」が、本日12月29日に東京・よみうりランド 日テレらんらんホールにて開催された。映画ナタリーでは昼の部の模様をレポートする。

イベントにはハイネ役の植田圭輔、カイ役の安里勇哉、ブルーノ役の安達勇人、レオンハルト役の廣瀬大介、リヒト役の蒼井翔太が登壇した。劇場版について、蒼井は「特にレオンハルトが成長してるのがわかる作品になっている」と言及。そして安達は、ハイネと4王子のユニット・P4 with Tが歌うエンディング主題歌「“友達 以上×敵 未満”」に触れながら「聴けば聴くほど癖になる!」とその魅力をアピールした。

「キャストを教育的指導!」と銘打たれたコーナーも。これは出演者たちの苦手なものを克服するための企画で、事前アンケートで「意外に小心者」と答えた安達は巨大風船が膨らんでいくのを耐えるゲーム、買い物で失敗したという廣瀬は100円均一ショップの商品と高級商品を見極めるゲームに挑戦。「大人数より少人数の方が好き」という植田は、共演者たちとともに“意思疎通クイズ”に回答した。「絵の具での色塗りが苦手」だという蒼井が、アデルをお題にお絵かき伝言ゲームに挑んだ際には、その出来に観客から悲鳴が。なお、このチャレンジは最終回答者である植田が「ヴィクトール」と答えたことから、残念ながら失敗に終わった。

同じコーナーでは、「作文が苦手」と自身を評する安里が表現力を身に着けるためのエチュード企画も実施された。コーヒーショップの店員を演じた安里は、植田演じる耳の遠い老人、安達扮する性格の悪いおばちゃん、廣瀬演じる“廣瀬”、蒼井扮する渋谷にいそうな女子高生というクセが強い客に翻弄されながらも即興演技を行う。その突飛なシチュエーションに会場は大きな笑いで包まれたが、エチュードを終えた安里は「二度とやりたくない……」と漏らした。

そして最後のライブコーナーでは、テレビアニメのエンディング主題歌「Prince Night~どこにいたのさ!? MY PRINCESS~」、「“友達 以上×敵 未満”」が披露され、大盛況のうちにイベントは終了した。

菊池カツヤが監督を務めた「劇場版『王室教師ハイネ』」は、2月16日より公開。上映初日より、Blu-ray劇場限定版が劇場にて販売される。また、舞台「王室教師ハイネ-THE MUSICAL II-」は、4月11日から14日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、27日、28日に兵庫・神戸国際会館 こくさいホールにて上演。

(c)赤井ヒガサ/SQUARE ENIX・劇場版「王室教師ハイネ」製作委員会

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー