映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

土屋太鳳「春待つ僕ら」撮影前に“伝説の席”座る、小関裕太は焦ってバスケ猛特訓

915

左から小関裕太、土屋太鳳。

左から小関裕太、土屋太鳳。

春待つ僕ら」のキャスト土屋太鳳小関裕太が、本日11月20日に大阪・あべのキューズモールで行われたラジオ番組「ROCK KIDS 802」の公開収録に参加した。

本作は、“脱ぼっち”を目指す女子高生・春野美月と、個性豊かなバスケットボール部男子たちの姿を描く青春ストーリー。土屋と小関がイベント会場に現れると、集まった1500人のファンから大きな歓声が上がった。

土屋は、自身が演じた美月がアルバイトをするカフェのモデルとなった店舗が会場付近にあることに触れながら「映画のクランクイン1週間前に、ちょうど初舞台の千秋楽が大阪で終わり、その際に行きました。マスターが温かく迎えてくださり、この温かさの中で美月は成長していくんだなと感じることができました」とコメント。そして店内には座ると有名になるという“伝説の席”があるそうで、彼女は「そこに座って台本を読みました」と明かす。バスケットボールの経験がない状態でアメリカ帰りの天才選手・神山亜哉というキャラクターに挑戦した小関は「話を伺った際は本当に焦って、今日からやらなきゃと土砂降りの中練習を始めたんです(笑)」と練習に費やした半年間を振り返った。

「ROOKIES-卒業-」の平川雄一朗が監督を務めた「春待つ僕ら」は、12月14日より全国でロードショー。土屋と小関のほかには北村匠海(DISH//)、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友がキャストに名を連ねる。

(c)あなしん/講談社 (c)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会

映画ナタリーをフォロー