映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アンクル・ドリュー」井上三太描き下ろしポスター、持田香織らの応援コメントも

350

アンクル・ドリュー」の井上三太描き下ろしイラストポスターが公開。あわせて著名人コメントも到着した。

「アンクル・ドリュー」は、ペプシコーラのプロモーション動画を映画化した青春コメディ。かつて伝説のバスケットボール選手だった老人ドリューと出会った青年ダックスが、老人だけのドリームチームを結成していくさまが描かれる。ストリートバスケのコーチをしているダックスをリルレル・ハウリー、ドリューをカイリー・アービングが演じるほか、元NBA選手も多数出演した。

ポスターは、ニューヨークの街並みをバックにドリューのほかメインキャラクターが勢ぞろいしたもの。本作について井上は「カラフルでファンキーに笑えるイッポン! 何かあった時に再集結できる仲間ってアツい!」と語っている。そのほか、THE ALFEE高見沢俊彦Every Little Thingの持田香織、ドキュメンタリー監督の松江哲明らから応援コメントも到着。コメントは、下記に掲載した。

チャールズ・ストーン三世が監督を務めた「アンクル・ドリュー」は、11月9日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

高見沢俊彦(THE ALFEE)コメント

よみがえるNBAレジェンド、
ジジイ・ドリームチームが最高!
夢中になるのに年齢は関係ない
まさに、あきらめない夢は終わらないのだ!

持田香織(Every Little Thing)コメント

特殊メイクをよく見ると「おおー! この方は!」
とスーパースターを発見できる楽しさ、
皆さんのチャーミングなお人柄と
今の時代にプレイするそのお姿を見れたことの感動で
胸キュンしながらのあっという間の時間でした。
信じることを諦めないことは奇跡を呼びますね。

松江哲明(ドキュメンタリー監督)コメント

一発ネタだからこそ、安定感のある、普遍的な物語が際立つ。
油断した分だけ感動させられる王道のコメディ。

江戸木純(映画評論家)

ハイブリッドな斬新さと各種定番ジャンルのお約束的懐かしさ。
ちりばめられたバスケ界やブラック・カルチャーの
様々な小技をマニアックに楽しむもよし、
ただ単純に爆笑コメディとして楽しむもよし。

よしひろまさみち(映画ライター)コメント

アスリートならではの身体能力には気持ちよく圧倒されるばかり。
バスケで忘れかけていた青春を取り戻そうとする、
彼らの厚い友情には爽やかな感動もお約束。
しかも、彼らの老人演技が見事で、ボケとツッコミが最高!
老人アルアルをギリギリの線で演じており、爆笑間違いなしだ。

Zeebra(ヒップホップ・アクティビスト)コメント

バスケと黒人文化の今と昔が入り乱れる痛快ジェネギャムービー!
老若男女問わず楽しめるストーリーは、バスケ好きじゃなくても
何かに人生を賭けたことがある人なら必ず共感出来るはず!

井上三太(マンガ家)コメント

カラフルでファンキーに笑えるイッポン!
何かあった時に再集結できる仲間ってアツい!

佐々木クリス コメント

スポーツ、バスケットボールのある生活が何故人生を豊かにしてくれるのか。
仲間、愛する人と笑って泣いた青春1秒1秒を抱き締めたくなる、そんなドリューの決め台詞。
そしてボールがネットを通過する音は福音。

MC MAMUSHI コメント

バスケットボールという「文化」の魅力が満載に詰まったアンクル・ドリュー!

カイリー・アービングと往年のNBAレジェンドたちの名演技! プレイ! ダンス! ギャグ!はどれをとっても一級品だし、ストリートボールの世界観で描かれたアンクル・ドリューはキミに「バスケットボールの楽しさ」の初期衝動と新発見を与えてくれるだろう!

秋元凜太郎(FLY Magazine編集長)コメント

ストリートの大会にいい大人が真剣になる。
たとえNBA選手でもそれは同じこと。
アンクル・ドリューが描くのはアメリカのリアルなバスケカルチャーそのものだ。

中原雄(NBA解説者)コメント

笑い、涙、人間ドラマありのコメディー映画であるが「楽しい」ってこういう事だと思う。
そして何よりバスケットボール愛に満ち溢れてる!

Motion Picture Artwork (c) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー