映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アンクル・ドリュー」コーチ役俳優がNBA選手たちの芝居に驚嘆

35

「アンクル・ドリュー」

「アンクル・ドリュー」

現在公開中の「アンクル・ドリュー」より、リルレル・ハウリーのインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

本作はかつて伝説のバスケットボール選手だったドリューが老人だらけのドリームチームを結成し、若者がひしめくニューヨークの大会に挑んでいくスポーツコメディ。現役NBAスター選手が特殊メイクで老人に扮したペプシコーラのドッキリCMがもとになっている。

「ゲット・アウト」で主人公の友人役を演じて注目を集めたハウリー。「アンクル・ドリュー」では、あるトラウマから選手の夢をあきらめストリートバスケチームのコーチをする青年ダックスに扮している。現役NBA選手のカイリー・アービングのほか、元NBA選手のシャキール・オニールレジー・ミラークリス・ウェバーネイト・ロビンソンらが特殊メイクでチームメイトの老人に変身した。

映像でハウリーは「俺は俳優でコメディアンなんだけど、演技をしたことないスポーツ選手との仕事なんて想像もつかなかった」と撮影当初の戸惑いを告白。しかしいざ撮影がスタートすると、彼らは一瞬でキャラクターになりきっていたようで「最高のバスケ選手である理由でもあると思うが、何に集中すべきかわかっているんだ」とその演技力の高さを分析した。バスケと演技の才能の両立を目の当たりにしたハウリーは、共演者のニック・クロールとともに「俺たちはこんな魔法みたいなことできねえ」と笑い合ったという。

チャールズ・ストーン三世が監督を務めた「アンクル・ドリュー」は、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国にて上映中。

Motion Picture Artwork (c) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー