湯浅政明の新作は「基本ラブコメ」、東京国際映画祭で宮崎駿への愛語る

90

本日10月28日、第31回東京国際映画祭にて湯浅政明の特集「アニメーション監督 湯浅政明の世界」として「夜明け告げるルーのうた」が上映され、トークショーが行われた。

左から司会を務めたアナウンサーの笠井信輔、湯浅政明。

左から司会を務めたアナウンサーの笠井信輔、湯浅政明。

大きなサイズで見る(全5件)

湯浅政明

湯浅政明[拡大]

湯浅は「夜明け告げるルーのうた」について「最初はヴァンパイアの女の子とその家族、少年の話で舞台は陸上でした。『アダムス・ファミリー』チックなイメージがあって。それを映画としてストーリー性のあるものにしようとしていたんです」と明かす。そして「ヴァンパイアのときは怖いところもあるしかわいいところもある設定だったんですが、脚本の吉田(玲子)さんが『もっとみんなが好きになれるようなキャラクターのほうがいいんじゃないか』と。なので、人魚にしてキャラクターはかわいく、バックボーンは怖くしたんです」と説明した。

ラブストーリーにしなかった理由を問われた湯浅は「ファミリーと地域の話にしたかったのでラブストーリーにする考えはまったくなかったです。1回ルーを大きくしてみたんですが生々しくてラブストーリーが起きそうだったのでやめて、小さい子にしました」と述べる。下田翔大演じた主人公カイの熱唱により街が動いて行くシーンを称賛された湯浅は「気持ちを伝えられない少年が初めて気持ちを伝えるために歌う歌だったので、きれいに歌わないで気持ちで歌ってほしいとお願いしました」と述懐した。

湯浅政明

湯浅政明[拡大]

「ルーがポニョに似ていて、ジブリ愛を感じる」という感想を受け、湯浅は「似てると気付いたのはあとででしたね(笑)。宮崎駿への愛はあって、カイは最後に自分の好きなものを発言するので、自分も(本作では)自分の好きなアニメーションを前に出しています」と作品に込めた思いを語る。「『パンダコパンダ』は子供の頃に観て大好きで、(「夜明け告げるルーのうた」の)パパのキャラクターはパパンダのイメージがあります。踊るところはテックス・アヴェリーなどのアメリカのカートゥーンの影響を受けています」と裏話を披露した。

「きみと、波にのれたら」ビジュアル (c)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

「きみと、波にのれたら」ビジュアル (c)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会[拡大]

最後に、新作アニメ「きみと、波にのれたら」の公開が発表された。湯浅は「僕の中でもっともシンプルなお話で、ラブストーリー。基本ラブコメです」と解説する。さらに「意外なところから始まるかもしれないですね。スペクタクルもあるし、ドラマの盛り上がりもある」と吐露。進行状況を尋ねられると「絵コンテも終わって絵を作っているところ。ちょっと遅れてますけど、宮崎さんより早く作ると思います」とほほえみ、「伝わりやすい作品になっていると思うので期待してください」とメッセージを伝えた。

「きみと、波にのれたら」は2019年初夏に全国でロードショー。

※関連記事はこちらから
湯浅政明の新作アニメ「きみと、波にのれたら」2019年初夏に公開

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

湯浅政明のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 きみと、波にのれたら / 夜明け告げるルーのうた / 湯浅政明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。