映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松山ケンイチの子供、染谷将太扮するブッダに「お地蔵さんみたい!」と歓喜

308

ドラマ「聖☆おにいさん」特別上映会の様子。左から松山ケンイチ、染谷将太。

ドラマ「聖☆おにいさん」特別上映会の様子。左から松山ケンイチ、染谷将太。

ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会が本日10月18日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの松山ケンイチ染谷将太、監督を務めた福田雄一、製作総指揮を担当した山田孝之が登壇した。

中村光の同名マンガを実写化した本作は、松山演じるイエスと染谷扮するブッダが、東京・立川で同居生活を送るさまを描くコメディ。松山と染谷の配役について福田は「衣装合わせのときから成功しか見えなかった!」と絶賛する。松山は「メイクして衣装着て最初に思ったのは『どこのホームレスだろう……』と。染谷くんはどう思ったの?」と質問。染谷は「最初(頭部の)型取りだけでした。フルフェイスで取って、真っ暗闇になるんです。薄ーい息をしながら」と述べると、松山は「あれ超大変だよね!」と同意する。続けて染谷は「ちょっと瞑想みたいでしたね(笑)。これから俺どうなるんだろうっていう」と述べた。

かねてより松山と染谷の出演を熱望していたという福田。「『L change the WorLd』でLとずっと行動をともにする男の子がいるんですけど、実はうちの息子なんですよ。僕、松山ケンイチ大好きで、『DEATH NOTE』大好きで、Lも大好きで。1回だけ撮影現場に行かせてもらったとき、松山くんにお父さんって声かけてもらったんですけど、めっちゃ緊張した覚えがあって。そこから追いかけ続けているので、僕的には念願の2人がたまたま一緒になったって感じですね」と感慨をにじませる。そして「息子がすごくかわいがってもらったらしくて『松山さんがよくガンダムを観せてくれるんだけど、DVDプレーヤーがちょくちょく止まって、それを松山さんに言えなくて困ってる』と(笑)」と明かした。

キャスティングの経緯について山田は「みんなで何度も話し合っていく中でお二人の名前が挙がって、ぴったりだなと。もう、目が悟ってるのでぴったりじゃないですか」と語ると会場から笑いが起きる。完成した作品を自身の子供と観賞した松山は「染谷くんのブッダを観たときに(子供が)『うわあ、この人すごいお地蔵さんみたい! 耳ビヨーンってなってる!』って。確かにそうだなと思って、よくこの人の前で芝居したなと思いました」と語る。

本作で福田組初参加を果たした2人。松山が「もうちょっとできたな、とか思った?」と問うと、染谷は「ありますね!」と即答。山田が「福田組あるあるですねー」と余裕を見せると福田が爆笑する。染谷は「現場でももう一回やりたいなと思いながら、OKならいっか、って」と思い返すと、松山は「俺なんにもなかった!」とあっけらかんと話した。福田は「噛んでくれたりすると喜ぶから、俺。大好物だもん」とほほえむ。染谷が「隣のモニタールームから笑い声聞こえますもん」と指摘すると、福田は「率先して使うから、それ」とニヤリとした。

本作のシリーズ化の構想について山田が「原作もたくさんエピソードがあるので、2019年の間に何かしら第2期の情報を出そうと動いてます」と語ると、会場から拍手が起きる。福田は「僕はパート10ぐらいまでやるつもりですよ」と意気込む。松山が「是非どんどんやっていけたらいいなと思うんですけど、カンペ準備してほしいですね!」と真剣に語ると、染谷も同意し「3年ぐらい経ったら俺らカンペ読みながらやってそうって話してました」と苦笑いを浮かべる。

福田は、今期ではイエスとブッダの部屋のみを舞台にしていたため、次回では別のシチュエーションも考えていると説明。山田は原作から新たなキャラクターを登場させることも考えていると明かし「なんとかして僕もキャスティングに滑り込めたらなと。限りなく僕に近いキャラクターをとにかく推すっていう。『こいつ出したほういいんじゃない?』みたいな」と目論見を述べた。

「聖☆おにいさん」は全国で上映中のほか、ピッコマTVにて独占配信中。

(c)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

映画ナタリーをフォロー