映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ムタフカズ」草なぎ剛に桜庭和志らが絞め技、無茶ぶりした満島真之介はニヤリ

1621

中村大介(左)、所英男(右)、桜庭和志(中央奥)に絞め技と関節技をくらう草なぎ剛(中央手前)。

中村大介(左)、所英男(右)、桜庭和志(中央奥)に絞め技と関節技をくらう草なぎ剛(中央手前)。

劇場アニメーション「ムタフカズ」の初日舞台挨拶が本日10月12日に東京・池袋HUMAXシネマズで行われた。

「ムタフカズ」は、犯罪者と貧乏人の吹き溜まりであるDMC(ダーク・ミート・シティ)が舞台となっている。本日の舞台挨拶には主人公のリノことアンジェリーノ役の草なぎ剛、“ガイコツ頭”であるヴィンス役の柄本時生、バカで臆病なウィリー役の満島真之介に加え、上坂すみれ成河藤井隼吉田尚記桜庭和志中村大介所英男、原作者のギヨーム“RUN”ルナールとともに監督を務めた西見祥示郎が参加。また草なぎはステージに上がる前に場内アナウンスを行い、集まった観客の興奮を高めた。

イベントはニッポン放送のアナウンサーである吉田がMCを務める形で進行。満面の笑みで登場した草なぎは「とてもいい作品ができちゃいまして。声からエネルギーがあふれ出てると思うので皆さんに必ず伝わるものがあると思います」と鑑賞前の観客に作品をアピールする。続いてアフレコについて聞かれるも「1人で録ってたんですけど、あとで監督が編集したものを観たときに『こんなにも息の吹き込んだものになるんだ!』と驚いたんですよ。すんなり観れてしまうっていうか。そうですねえ……」と言葉に詰まり、満島から「草なぎさん(舞台挨拶を)真面目にやらないほうがいいんですよ」とツッコミが。最終的には「みんなよかった」と簡潔にまとめ、観客からの大きな拍手を浴びた。

満島は「うれしいですねえ。僕のために集まっていただいて」と笑いを誘い、ほかの登壇者たちを見ながら「日本を代表する方々で」と満足そうな表情で話す。草なぎが「サンキューベリーマッスル」とギャグをはさみ込むと、満島は「あ、本当だ!」と乗っかり、柄本を含む3人で“マッスルポーズ”を決めた。上坂は「もうちょっと地味めのイベントに出ることが多いので」と緊張した様子で挨拶し、「実写の方がいっぱいいてすごいなって。私は2次元フィルターを通して生きているので……2次元代表として今日はがんばります!」と声を張る。劇中でキャラクター名があまり呼ばれないと明かした成河は「クロコという役がメインで、あと2役やらせていただいてます。それは観終わったあとで調べてください(笑)。中毒性のあるヤバい映画ですよ」と語った。

格闘家として活動する桜庭、中村、所の3人は一緒に収録に臨んだ。格闘シーンの収録について尋ねられた桜庭は「『音出して』って言われたから普通に……」と話し、ステージ上で中村の胸をバチンと叩く。観客が悲鳴を上げる中、中村はなぜかニヤニヤしており吉田から「なんで笑顔なんですか!?」と指摘された。すると満島は「草なぎさん(技を)かけてもらったらどうですか?」と提案。桜庭、中村、所に同時に絞め技と関節技をかけられた草なぎは苦しさとうれしさが入り混じったような表情を浮かべ、その様子を見ていた満島はニヤリとした。

ここで舞台上にくす玉が登場。草なぎがひもを引くと、本日より「ムタフカズ」がアメリカとイギリスでも上映されることが明らかになった。なおこれは同作を制作したSTUDIO4℃のファンがアメリカ、イギリスに数多くいることから決定したという。また主人公の顔をデザインした“リノボール”を渡された登壇者たちは、ステージから飛び出し観客に向けてボールを投げる。上坂はボールを欲しそうにしている観客と目を合わせ、キャッチしやすいように下から投げるサービス精神を発揮していた。

終盤に実施されたフォトセッションでは満島が大量の汗をかき、ハンカチで拭く場面も。草なぎをはじめとする登壇者たちがそれを楽しそうに眺めるなど、最後まで温かな雰囲気が会場を包んでいた。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀

※記事初出時、見出しに誤字がありました。お詫びして訂正します。

(c)ANKAMA ANIMATIONS-2017

映画ナタリーをフォロー