映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

林遣都が赤塚不二夫を演じる、24時間TVドラマ「ヒーローを作った男」新写真到着

3044

「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」より、林遣都演じる赤塚不二夫。

「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」より、林遣都演じる赤塚不二夫。

「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」のドラマスペシャルドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」より、林遣都演じる赤塚不二夫の場面写真が到着した。

「サイボーグ009」「仮面ライダー」「人造人間キカイダー」「秘密戦隊ゴレンジャー」といった作品を生みだしたマンガ家・特撮原作者の石ノ森章太郎と、彼の姉・由恵の絆を描く本作。中島健人Sexy Zone)が主人公・章太郎を、木村文乃が由恵を、そしてバカリズムが手塚治虫を演じる。さらにトキワ荘の仲間として寺田ヒロオ役を大野拓朗、藤子・F・不二雄役を中田圭祐、藤子不二雄(A)役を佐久本宝が務め、つのだじろう役で松川尚瑠輝、鈴木伸一役で宮崎秋人、森安なおや役で楠元健一(ラフメイカー)、水野英子役で誠子(尼神インター)が参加する。

このたび到着した場面写真は、険しい表情で大きなカバンを抱える赤塚や、鉛筆を握りマンガを描く赤塚を捉えたもの。また赤塚の手元には、彼が初めて連載したギャグマンガのタイトルである「ナマちゃん」と書かれた紙も確認できる。なお同作の主人公ナマちゃんは、石ノ森が命名したことでも知られる。

「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」は、日本テレビ系にて本日8月25日の21時頃から放送。

※手塚治虫の塚は旧字体が正式表記

映画ナタリーをフォロー