映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

地獄耳の“何か”が襲い来るサバイバルホラー「クワイエット・プレイス」予告

115

「クワイエット・プレイス」

「クワイエット・プレイス」

サバイバルホラー「クワイエット・プレイス」の予告編がYouTubeにて解禁された。

音に反応して人間を襲う“何か”により、人類が滅亡の危機に瀕した世界で暮らす家族の姿を描く本作。主人公エヴリンをエミリー・ブラント、エヴリンの夫リーを本作の監督でもあるジョン・クラシンスキーが演じた。

予告編には、“何か”に気付かれないために手話でコミュニケーションを取り、裸足で歩く家族の姿が。ミリセント・シモンズノア・ジュプが演じる子供たちが、襲い来る“何か”から逃げ惑う場面も映し出される。

実生活でもクラシンスキーの妻であるブラントは「この映画の脚本と恋に落ちたのは、自分の子供を守ることができないのではないかという私の奥深くにある恐怖に触れていると感じたから」とコメント。「脚本を読む前は私の友達がイヴリン役に適してるんじゃないかってジョンに言ってたんだけど、読んでいるうちにこう思ったの。『あんなこと言ったけど、この役は私がやらなきゃ』って。ホラー映画という枠を超えた、この物語の深みと美しさに惹かれたのよ」と続ける。また、クラシンスキーは「この映画がスリルと恐怖だけでなく、家族の強さを示すものであることを願うよ」と述べている。

「クワイエット・プレイス」は9月28日より全国でロードショー。

(c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

映画ナタリーをフォロー