映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「コード・ブルー」山下智久のカッコよさを有岡大貴が語る「ハードル上げて大丈夫」

3044

「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会の様子。

「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会の様子。

本日7月11日、「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の完成披露試写会が東京・東京国際フォーラムにて行われ、主演の山下智久らが登壇した。

2008年7月にスタートした医療ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の劇場版となる本作。ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちの活躍と葛藤が描かれる。

イベントでは、山下に加えて新垣結衣戸田恵梨香比嘉愛未浅利陽介有岡大貴Hey! Say! JUMP)、成田凌新木優子馬場ふみか安藤政信椎名桔平、監督の西浦正記がブルーカーペットをゆっくり歩いて登場。割れんばかりの大歓声を浴びた山下が「10年間の時を経て描かれる僕たちの絆や患者さんとの人間ドラマを観ていただくことで、今この瞬間を生きることの大切さが伝わってくると思っています」とアピールすると、会場はさらなる盛り上がりを見せる。

続いて新垣は「10年間のアルバムを作っていただいたようでした。登場人物たちの思いがぎっしり詰まっています。観てくださる方の心にスッと入ってくるようなエピソードに出会ってほしいなと思います」と笑顔で述べ、戸田は「死ぬまで大切にしたい作品ができた」と感慨深そうに言葉を噛み締めた。

「集大成とも言える映画に参加できてうれしく誇らしい」という有岡は、山下演じる藍沢耕作について「登場シーンが劇的にカッコいいんです。いくらハードルを上げても大丈夫」と太鼓判を押し、安藤も「すべてにおいて女性がものすごく光ってて魅力的なんです。そして、藍沢という一本筋が通った人間が本当にカッコいいなって惚れ惚れして」と称賛。それを受けて山下は照れつつも「(映画を観た)安藤さんから長文のメールをいただいて『コード・ブルー』愛を受け取って感動しました」と明かし、「これだけの人数それぞれに全部見せ場があって、2時間に収めた監督はすごいなと思いました。ありがとうございます!」と感謝を伝えた。

西浦は「映画版の事故現場はCGで作られていて、ダイナミックな現場を作るために大きなクロマキー(合成用の背景)が置いてある中で芝居をしてもらったんです」と撮影について話し、「それぞれのキャストの細かなお芝居を瞬きをせずに捉えていただけたらなと思います」と見どころを語る。

最後に山下は「脚本の制作段階から関わって僕たち5人の思いを詰め込むことができた。感情のジェットコースターに乗っているような2時間で、観終わったあとに自分の正直な思いを誰かに伝えたくなるような温かいヒューマンドラマです」とメッセージを伝え、会場をあとにした。

「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は7月27日より全国でロードショー。なお7月23日から28日にかけて、フジテレビ系列でスピンオフ作品およびスペシャルドラマが放送されることも決定している。

土曜プレミアム「コード・ブルー 特別編 -もう一つの戦場-」

フジテレビ系 2018年7月28日(土)21:00~23:10

コード・ブルー -もう一つの日常-

フジテレビ
2018年7月23日(月)24:25~24:40
2018年7月24日(火)24:25~24:40
2018年7月25日(水)25:25~25:40
2018年7月26日(木)24:25~24:40
2018年7月27日(金)24:55~25:15
※全5話
※関東ローカル

映画ナタリーをフォロー