映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「幻光の果て」山下健二郎が岩田剛典との偶然の一致明かし「キュンとした」

82

「幻光の果て」舞台挨拶の様子。

「幻光の果て」舞台挨拶の様子。

6月23日、ショートフィルム「幻光の果て」の舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、キャストの山下健二郎三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、加藤雅也、監督の岸本司が登壇した。

「幻光の果て」は、EXILE HIROとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)代表の別所哲也、そして作詞家・小竹正人によるプロジェクトの第2弾「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」を構成する1本。岸本がDEEPの「Baby Shine」を映像化した本作では、幻光の中で見たサメを鬼気迫る勢いで追い続ける男性ヨシヤの姿が描かれる。

最初に脚本を読んだときの印象について山下は「非常に難しい役柄だなと思いました」と述懐し、「自分なりに役作りをしていったのですが、撮影の前日に沖縄で監督とキャストの4人で2時間くらい作品や役について話ができて、加藤さんや監督にも相談させていただきながら現場で作っていきました」と明かす。花田役の加藤も「島にいる人、島に流れてきた人、という役のバックグラウンドやこの人たちがどういう人なのかというのが伝わるようにするのが大切なので、そのあたりは山下くんとじっくりと話し合いました」と振り返る。

沖縄での撮影を「本当に濃い時間だった」と語る山下は「事前に少し海に入ると聞いていたのですが、モリを持って海に飛び込んだり、5mプールの底まで潜ったり。しかもそれをやると知ったのが1時間前でした。監督はニコニコしながら『やってください』とさらっとおっしゃるんです(笑)」と笑顔で話す。水中での撮影経験のある加藤は「本当に苦しいし言葉も使えないしで、水中の撮影は大変なんです。初めて潜るのに『さすが三代目だな』と思いました」と山下に感心したことを示した。さらに、ほかのメンバーと撮影の話をしたか問われた山下は「岩ちゃん(岩田剛典)とはよく話していました。水中での撮影をしているとき、岩ちゃんも同じ水中の撮影をしていたことがわかって、『こんな奇跡あるんだね』とちょっとキュンとしていました」とほほえましいエピソードを披露した。

岸本は作詞家の小竹正人による歌詞を読んだときのことを振り返り、「“永遠の愛”がテーマなのですが、隣に彼女がいるのかすらわからないような、すごく静かな世界観で、山下さんの姿がDEEPさんの曲につながるのがすごくすんなり想像できました」とコメント。そしてイベントにはDEEPも登場し、「Baby Shine」をアカペラで披露した。TAKAは「ヨシヤに惚れましたね。愛をテーマに歌わせていただいているのですが、映画もそれにぴったりでした!」と本作の感想を述べ、RYOは「ヨシヤがモリを持ってる姿が印象的で、夢に出てきましたね。追いかけられました」と話し、客席に笑いを起こした。

最後に山下は「普段はアーティストとして楽曲に関わらせていただいているのでとてもいい経験となりました」と思いを吐露し、イベントの幕を引いた。「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は全国にてロードショー中。

(c)2018 CINEMA FIGHTERS

映画ナタリーをフォロー