映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「センセイ君主」竹内涼真へ佐藤大樹が“弘光派”宣言、浜辺美波は「羞恥心捨てた」

5167

「センセイ君主」スペシャルステージイベントの様子。

「センセイ君主」スペシャルステージイベントの様子。

センセイ君主」のスペシャルステージイベントが、本日6月18日に東京・六本木ヒルズアリーナにて開催され、キャストの竹内涼真浜辺美波佐藤大樹EXILE、FANTASTICS)、川栄李奈新川優愛、監督の月川翔が登壇した。

幸田もも子の同名マンガをもとにした本作は、ひねくれ者の高校教師・弘光由貴と、彼に恋した少しおバカな女子高生・佐丸あゆはの関係を描くラブコメディ。弘光を竹内、あゆはを浜辺が演じ、あゆはの幼なじみ・澤田虎竹役で佐藤、あゆはの親友・中村葵役で川栄、弘光の幼なじみ・秋香役で新川が出演した。

キャストの登壇前に予告編が上映されると、観客から黄色い声援が。ステージに上がった竹内は「リアクションがよかったので、言っときますか。……俺を落としてみろよ」とセリフを披露する。初の教師役となる本作での役作りに関して「一番大事なのはあゆはとの掛け合い。生徒と先生の距離感を保ちながらやっていましたね」と話した。ハイテンションで振り切った演技に挑んだ浜辺は「ちょっとでも戸惑いがあると、それが(画面に)出ちゃうと思ったんです。原作が大好きだったので、台本を開く前に羞恥心は捨てました! 変顔でもなんでも来い!と」と覚悟を明かす。その芝居を絶賛された浜辺は「攻めに攻められたのは、竹内さんが先生だったからかな」とはにかみ、竹内から「美波ちゃんのおかげだよ!」と返された。

“いいやつキャラ”を演じた佐藤は「ただいいやつで終わりたくなくて、観た方が弘光派か虎竹派かに分かれるくらい、張り合える男になりたかった」と真面目に語るが、今朝完成版を観たそうで「僕が完全に弘光先生派になっちゃった(笑)」と告白して笑いを起こす。川栄は、予告編にも使用されている葵のセリフ「ボンババぼん」に言及し「監督に『佐藤浩市さん風にお願いします』と言われたので、私は佐藤浩市さんのつもりでやってます」と明かして観客を驚かせた。

月川は現場での浜辺の演技を「『君の膵臓をたべたい』ではこちらからリクエストすることが多かったんですが、今回は頼んでもないことをやってくれました」と回想。あゆはのモノマネに関して、竹内は「似てるとか似てないとかの次元を超えたモノマネが観られる。何周か回って、似てるって言いたいよ! あそこまでがんばってくれたら」と笑う。劇中での変顔に関して浜辺は「小さい頃から培ってきた浜辺家の血が騒ぎましたね。家族もけっこうこんな感じなんです」と明かした。

終盤にはキャストたちへ「恋愛において、自分は肉食か? 草食か?」という質問が。佐藤は「俗に言う“ロールキャベツ男子”かもしれないです。中を開けてみたら肉食みたいな」と言って、竹内から「エロいね」と口を挟まれる。しかし佐藤が「焼き肉デートに誘うとしたら『牛の肝臓をたべたい』って言いますかね」と「君の膵臓をたべたい」になぞらえたギャグを披露すると、会場が静まり返ってしまう。それを見た竹内は慌てて観客に「皆さん、気付いてくれないとこっちも困っちゃうから(笑)」と呼びかけた。そんな竹内は同じ質問に対し、講義さながらの口ぶりで「行動を起こさないと始まらないですから。みんな草食でいいの? そんなんじゃ恋が終わっちゃうよ? 嫌だよね?」と大げさに話すも「だから俺も……肉食になりたい」とまとめようとして佐藤に「溜めに溜めといて、草食なんですか!?」とツッコまれていた。

「センセイ君主」は8月1日より全国でロードショー。なお映画ナタリーでは、このあとに行われた完成披露舞台挨拶の模様も追ってレポートする。

※関連記事はこちらから
「センセイ君主」山田裕貴と北川景子も出演、竹内涼真が「見つけてあげてください!」

(c)2018「センセイ君主」製作委員会 (c)幸田もも子/集英社

映画ナタリーをフォロー