映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「崖っぷちホテル!」岩田剛典がクランクアップ、「元気になれる現場でした」

2544

クランクアップを迎えた岩田剛典。

クランクアップを迎えた岩田剛典。

「崖っぷちホテル!」で主演を務めた岩田剛典EXILE三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)のクランクアップ時のコメントと写真が到着した。

本作は、破産寸前のド底辺ホテル“グランデ・インヴルサ”を舞台に、岩田演じるホテル界の風雲児・宇海と従業員たちが大逆転を起こしていくコメディ。最終話ラストシーンの撮影が終わると、現場はこれまでにない万雷の拍手に包まれた。その中心でやり切った表情を見せる岩田は「本当に明るく楽しい現場だったなと思います。とにかく1話1話撮影が進むごとにチームワークが増していくのを実感していました」と回想し、「最終話のシーンでは宇海直哉の気持ちと岩田剛典の作品に対する思いが合致した瞬間があって、お芝居を忘れて、感情だけで撮影していました。そういう経験をさせていただけたのも皆さんのおかげだなと思っています」と現場の人々に感謝の意を示す。

本作で連続ドラマ初主演を務めた岩田は「初めての座長という立場ではありましたけれど、皆さんに支えられて進むことができたなと思っています。このチームでやることができて、本当によかった」と喜びをあらわに。そして「自分の未熟さも思い知りましたし、現場の難しさというのも肌で感じることができました。個人としても表現者としてもすごく成長できた現場でした。何より現場が明るくて、どんなつらい状況や、厳しいスケジュールの中でも現場に行くのが嫌じゃないです(笑)。みんなの顔を見たら元気になれる。そういう現場でした」と思いを吐露する。

また、共演者に関して「これだけ世代が違うキャストが13人も集まっているのに、みんな本当に仲が良くて。僕が頭の中がいっぱいいっぱいになっていても、声をかけてくれることがうれしくて、『肩の力を抜けよ』って言ってもらっているような気がしていました。皆さんに引っ張ってもらった現場でした」としみじみと話す。不器用ながらホテルの立て直しに奮闘する29歳の総支配人・桜井佐那役の戸田恵梨香については「戸田さんにも何度も助けてもらいました。戸田さんが物語の軸としてどっしり構えてくださっていたのは、僕の何よりの支えでした」と述懐した。

最後に岩田は、最終話の見どころを「一言でいうならば、もう感動の最終話としか言いようがないです。ぜひテレビの前でハンカチを用意して待っていてください」とアピールした。

「崖っぷちホテル!」最終話は、日本テレビ系にて本日6月17日の22時30分から放送。

「崖っぷちホテル!」最終話

日本テレビ系 2018年6月17日(日)22:30~

(c)日本テレビ

映画ナタリーをフォロー