梶芽衣子特集で「修羅雪姫」「女囚さそり」やライブ映像など27本上映、本人登壇も

341

梶芽衣子の出演映画を集めた特集上映が、明日6月16日から28日まで東京・新文芸坐にて開催される。

「修羅雪姫 怨み恋歌」 (c) 1974 東宝

「修羅雪姫 怨み恋歌」 (c) 1974 東宝

大きなサイズで見る(全11件)

「梶芽衣子映画祭」チラシ

「梶芽衣子映画祭」チラシ[拡大]

1965年に日活に入社した梶は、本名の太田雅子名義で「悲しき別れの歌」に出演し銀幕デビュー。1969年公開の「日本残侠伝」から現在の芸名に変更し、100作近くの映画に出演してきた。この特集では、梶の自叙伝「真実」と43年ぶりのオリジナルフルアルバム「追憶」の発売を記念し、梶の出演作26本とライブ映像「梶芽衣子 Concert at ReNY」がスクリーンにかけられる。

「動脈列島」 (c)1975 東宝

「動脈列島」 (c)1975 東宝[拡大]

梶の歌う主題歌「怨み節」もヒットした「女囚さそり」シリーズ、和田アキ子藤竜也と共演した「野良猫ロック」シリーズ、クエンティン・タランティーノが「キル・ビル」でオマージュを捧げた「修羅雪姫」、第33回毎日映画コンクールで女優演技賞に輝いた、増村保造の監督作「曽根崎心中」などがラインナップされた。さらに、デビュー当時に出演した青春もの「青春前期 青い果実」「太陽が大好き」なども。

明日16日と23日には梶本人が登壇する舞台挨拶を実施。舞台挨拶回のみ特別料金で全席指定となっており、23日のみ現在も劇場窓口およびチケットぴあで販売中だ。詳細は劇場の公式サイトで確認してほしい。

この記事の画像・動画(全11件)

梶芽衣子映画祭

2018年6月16日(土)~28日(木)東京都 新文芸坐
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / 友の会、シニア 1100円
<上映作品>
野良猫ロック セックス・ハンター
女囚さそり 701号怨み節
女囚さそり 第41雑居房
女囚さそり けもの部屋
青春前期 青い果実
太陽が大好き
日本最大の顔役
日本残侠伝
女番長 野良猫ロック
野良猫ロック ワイルド・ジャンボ
野良猫ロック マシンアニマル
野良猫ロック 暴走集団 '71
修羅雪姫(1973年)
修羅雪姫 怨み恋歌」ほか

梶芽衣子 舞台挨拶

2018年6月16日(土)
11:45の回終了後(13:25頃)舞台挨拶
料金:一般 1500円 / 友の会・シニア 1200円 ※特別料金・全席指定

梶芽衣子 舞台挨拶+ライブ映像「梶芽衣子 Concert at ReNY」特別上映

2018年6月23日(土)
開場 18:45 / 開演 19:00 / 終映 21:30
料金:一般 2800円 / 友の会・シニア 2500円 ※特別料金・完全入替・全席指定

関連記事

梶芽衣子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 わるいやつら / 動脈列島 / 野良猫ロック セックス・ハンター / 反逆のメロディー / 女囚さそり 701号怨み節 / 野良猫ロック ワイルド・ジャンボ / 女囚さそり 第41雑居房 / やくざの墓場 くちなしの花 / 女囚さそり けもの部屋 / 曽根崎心中 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。