映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

川島雄三の生誕100周年記念プロジェクト始動!野外上映や書籍刊行、映像配信も

271

洲崎パラダイス 赤信号」「幕末太陽傳」「しとやかな獣」などで知られる映画監督・川島雄三の生誕100周年を記念したプロジェクトが始動した。

川島の命日である本日6月11日に発表された「川島雄三監督生誕100周年プロジェクト」は、野外上映会などのイベントや関連書籍の出版、映像配信を通して川島作品の魅力を多くの人に届けるもの。

「お江戸@ハート『幕末太陽傳の巻』」と題したイベントでは、「幕末太陽傳」にゆかりのある落語を上演。江戸をテーマに日本文化を世界に発信するイベント「東京江戸ウィーク2018」の期間中には、「幕末太陽傳(デジタル修復版)」の野外上映が無料で行われる。

このたび発売が決まった川島に関する書籍は2冊。「女は二度生まれる」「雁の寺」「しとやかな獣」の主演女優・若尾文子と、「昨日と明日の間」で助監督を務めた山田洋次のインタビューが掲載された「川島雄三は二度生まれる(仮題)」が水声社より10月末に刊行される。また、川島ファンが集う映画サークル“カワシマクラブ”による「偽善への挑戦・映画監督川島雄三」が9月頃にワイズ出版より発売される予定だ。

さらに、「幕末太陽傳」の海外映画祭での上映も決定。8月に中国の「第4回上海日本電影展」、12月にフランスの「ジャポニスム2018:響きあう魂」でスクリーンにかけられる。そして「幕末太陽傳(デジタル修復版)」をはじめ、日活が権利を持つ「愛のお荷物」「洲崎パラダイス 赤信号」「わが町」など監督作9本をVODサービス・MUBIで配信することも明らかに。国内では本日よりU-NEXT、Amazonビデオなどで視聴可能だ。なお現在CSチャンネル・衛星劇場では特集放送「生誕100年記念 監督・川島雄三の足跡~全作放送~」が行われている。

川島雄三監督生誕100周年プロジェクト

落語イベント:お江戸@ハート「幕末太陽傳の巻」

2018年10月29日(月)~11月3日(土・祝)東京都 俳優座劇場
<出演者>
柳家喬太郎 / 立川志らく / 桃月庵白酒 / 春風亭一之輔 / 高田文夫 / 松村邦洋 / 神田松之丞 / 立川志らら / 寒空はだか / 坂本頼光

東京江戸ウィーク2018「幕末太陽傳」野外上映会

2018年7月28日(土)東京都 上野恩賜公園
※入場無料

MUBI配信作品一覧

「愛のお荷物」
あした来る人
銀座二十四帖
飢える魂
続・飢える魂
「洲崎パラダイス 赤信号」
風船
「わが町」
「幕末太陽傳(デジタル修復版)」

(c)日活

映画ナタリーをフォロー