映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

2018年3月に永眠、首吊りパフォーマーの首くくり栲象に迫る特集開催

89

「首くくり栲象の庭」

「首くくり栲象の庭」

2018年3月に永眠した首吊りパフォーマーの首くくり栲象に迫る特集「首くくり栲象──その生の行為」が5月19日、20日に兵庫・神戸映画資料館で行われる。

1970年代から首吊りのパフォーマンスを始め、2004年には自宅の庭を「庭劇場」と命名し、自らを“首くくり栲象”と称して死の直前まで公演を続けた栲象。近年ではドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」や同番組の主題歌である「カンヌの休日 feat. 山田孝之」のミュージックビデオに出演した。

特集のラインナップには「Hangman Takuzo」「首くくり栲象の庭」が並んだ。振付師・余越保子が2010年に発表した「Hangman Takuzo」は、栲象と彼のパートナーであった舞踏家の黒沢美香、そして前進歩行と呼ばれる行為芸術を行う川村浪子の活動を記録した作品。また堀江実が監督、藤田陽介が音楽を担当した「首くくり栲象の庭」では、栲象の奇妙な毎日がモノクロで捉えられている。

なお両日とも余越と堀江がトークショーに出席。ゲストとして19日には映像作家の崟利子、20日にはNPO法人DANCE BOXの代表である大谷燠が登壇する。スケジュールの詳細は神戸映画資料館の公式サイトで確認してほしい。

首くくり栲象──その生の行為

2018年5月19日(土)、20日(日)兵庫県 神戸映画資料館
<上映作品>
「Hangman Takuzo」
「首くくり栲象の庭」
料金:一般 1200円 / 学生 1000円 / 会員 900円

映画ナタリーをフォロー