映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

国立映画アーカイブ、日本アニメの歴史学べる上映企画をスタート

203

「茶目子の一日」

「茶目子の一日」

東京・国立映画アーカイブの上映企画「映画の教室2018 時代から観る日本アニメーション」が、明日5月9日より開催される。

本企画は、2017年に実施された「素材から観る日本アニメーション」の続編。現存する日本最古のアニメーション「なまくら刀」から1990年に製作された川本喜八郎監督作「いばら姫またはねむり姫」まで、歴史的な文脈を追いながら日本アニメーションの移り変わりを学ぶ。前売り券はチケットぴあにて取り扱い中。

映画の教室2018 時代から観る日本アニメーション

東京都 国立映画アーカイブ 小ホール
開場 19:00 / 開演 19:20
前売り料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円
当日料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円 / 障害者(付添者は原則1名まで)、東京国立近代美術館および国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
※以下、特に記載が無い場合は35mmフィルム上映

第1回 日本アニメーションの草創期

2018年5月9日(水)
<上映作品>
「ファントーシュたちの恋のさやあて」
「なまくら刀」
「カリフの鶴」
「蟹満寺縁起」
「線畫 つぼ」

第2回 戦前―トーキーへの移行とPR映画

2018年5月23日(水)
<上映作品>
煙突屋ペロー」※16mm
「三匹の小熊さん」
「茶目子の一日」
「オモチャ箱シリーズ第3話 絵本1936年」

第3回 戦中期―戦意高揚映画

2018年6月6日(水)
<上映作品>
「桃太郎の海鷲」
「フクチャンの潛水艦」

第4回 戦後1―本格的な商業展開

2018年6月20日(水)
<上映作品>
「すて猫トラちゃん」
「こねこのらくがき」
「注文の多い料理店 山ねこ軒」
「プラス50000年」

第5回 戦後2―アニメーション作家による発表

2018年7月4日(水)
<上映作品>
「ある街角の物語」
「チコタン ぼくのおよめさん」
「いばら姫またはねむり姫」

映画ナタリーをフォロー