映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

上戸彩が古谷徹に「しびれます」、コナン舞台挨拶で男性キャスト陣が告白対決

3284

「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」公開記念舞台挨拶にて、左から小山力也、山崎和佳奈、博多大吉、コナン、上戸彩、高山みなみ、古谷徹。

「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」公開記念舞台挨拶にて、左から小山力也、山崎和佳奈、博多大吉、コナン、上戸彩、高山みなみ、古谷徹。

劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」の公開記念舞台挨拶が、本日4月14日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、ゲスト声優の上戸彩博多大吉、江戸川コナン役の高山みなみ、毛利蘭役の山崎和佳奈、毛利小五郎役の小山力也、安室透役の古谷徹が登壇した。

昨日4月13日に全国で封切られた本作。舞台挨拶の冒頭では各キャストが自身のキャラクターになりきって挨拶し、会場を盛り上げる。また橘境子役の上戸は「『コナン』を観て育ってきた世代なので、こうして豪華な皆さんと同じ舞台に立てることをうれしく思います」と述べ、羽場二三一役の大吉は「さっそくマネージャーに(自分の演技の)評判を聞いてみたところ、『予想通り下手だった』『そこまで下手じゃなかった』の2つに分かれてます!と。よかったよかったと思いながらも、結局下手なんじゃねーか!って(笑)」と自虐コメントで笑いを誘った。

古谷は公開初日に映画館で本作を鑑賞したと報告し、「昨日で(観るのが)3回目だったんですけど、初めて泣けたんです。絵も素晴らしかったし、安室透もカッコよかった……」としみじみ。すると大吉から「そういうのは我々が言いますので。自己申告は控えめにお願いします」と制される。さらに古谷は「2年前の『純黒の悪夢(ナイトメア)』で赤井秀一と戦っていたときに、(安室の)おへそがチラリと見えたのは皆さんご存知だと思いますが」と振り返りながら、「実は『ゼロの執行人』でも腹筋が見れるポイントがあります。なんと、1秒間だけ。12コマ」とアピール。「30回観れば見つけられると思います!」と本作の宣伝につなげた。

イベントでは、男性キャスト陣が「ゼロの執行人」にちなんだ“告白ゼリフ”を上戸に向けて披露するコーナーも。古谷が「僕には命を懸けて守らなければならない人がいる。それは、あなた……上戸彩さんです!」とストレートに愛を伝えると、上戸は「しびれますねー」と感激しつつ、「お客さん嫉妬しません? なんで(告白されるのが)お前なんじゃ?みたいな」と気遣いを見せる。

続く小山は照れた様子を見せながら「彩さん! 俺のそばを離れないでください……」と口にして、その場に転がり込む展開に。山崎が思わず「そういうところやねん、お父さん!」と蘭の声で叱ると、客席から笑いが巻き起こった。トリの大吉はショートコントのネタ振りのような口調で「ゲーム会社に忍び込んで、電気を点けられて見つかったときの羽場二三一」と説明し、「……ハッ!」と一言発声する。本人いわく「(本編で)めちゃくちゃうまくできた」というセリフだったようだが、上戸の反応はイマイチ。最終的に会場の拍手の大きさと上戸の判断により、古谷が勝者に選ばれた。

イベントの終盤には、同作の主題歌「零 -ZERO-」を歌う福山雅治からのビデオメッセージが上映される。福山は主題歌のオファーがあった際にプレッシャーを感じたと吐露しながら、「今作のキーパーソンとなる安室透をもし自分が演じるとしたら、どう解釈して、どう彼の精神性を役に入れていくのかと。役作りをするように作詞させていただきました」とコメント。さらに「本日は大吉さんもいらっしゃっているということで、歌声が聞けるのでしょうか? きっと歌われるんですよね? 期待しております」と無茶ぶりメッセージが続き、大吉は「いやいや。あんなバトン受け取れるわけないでしょ。皆さん映画を観たあとで余韻もあると思うので!」と嘆いていた。

(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画ナタリーをフォロー