映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

二宮和也、一番感動した出会いは「クリント・イーストウッドです」TBS入社式で語る

711

TBS入社式の様子。(c)TBS

TBS入社式の様子。(c)TBS

4月22日から放送開始となる日曜劇場「ブラックペアン」の主演・二宮和也が、TBSテレビ入社式にサプライズゲストとして登場した。

司会者から「新入社員の皆さんのために駆け付けてくれた方がいます」と紹介を受けて突然登場した二宮に、38名の新入社員たちは歓声を上げ大興奮。新入社員からの質問コーナーでは「今までの人生で一番感動した出会いは?」という問いに、二宮が「クリント・イーストウッドです。みんなが知っている人だけど、みんなが会えない人ですよね。その方にお会いできるチャンスを僕はいただけて。感動しましたね」と答えた。

2006年に公開された「硫黄島からの手紙」でクリント・イーストウッドと組んだ二宮は「映画に参加させていただいて、演技指導もしていただいて」と当時を振り返る。そして「彼は『僕は毎日現場に宝物を拾いに来ている。その宝物をつなげたら映画になったんだ』って言っていて。僕も映画監督になったらこれを言おうと思っています(笑)」とイーストウッドの言葉を噛み締め、「それくらい概念の違う人。皆さんもそういう上司に出会えると仕事の考え方も変わってくるだろうし、想像以上の仕事ができるんじゃないかなと思います。働くのは自分1人でするわけじゃないですからね」と新入社員たちにアドバイスを贈った。

海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」をもとにしたドラマ「ブラックペアン」は、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が、最新医療機器スナイプを巡る疑惑をきっかけに嫉妬渦巻く大学病院に立ち向かっていく医療ドラマ。二宮のほかに竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、小泉孝太郎、内野聖陽、市川猿之助らが出演し、「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄らが演出を手がける。

日曜劇場「ブラックペアン」

TBS系 2018年4月22日(日)スタート 毎週日曜 21:00~21:54
※初回のみ25分拡大

映画ナタリーをフォロー