映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「honey」平野紫耀、祖母に怒られながら壁ドン練習するも「出てこなかった」

768

「honey」公開直前イベントの様子。前列左から平祐奈、平野紫耀、神徳幸治。

「honey」公開直前イベントの様子。前列左から平祐奈、平野紫耀、神徳幸治。

本日3月15日、「honey」の公開直前イベントが東京・スペースFS汐留で行われ、主演の平野紫耀King & Prince)、平祐奈、監督を務めた神徳幸治が登壇した。

目黒あむによる同名マンガを映画化した本作。両親を亡くし叔父と2人で暮らすビビリでヘタレな女子高生・小暮奈緒と、強面ながら心は乙女の鬼瀬大雅が一途に愛を育む様子を描く。

高校が舞台となる本作にちなみ、教室風のセットが組まれたステージに制服姿で登場した平野と平。平野は「髪の毛が(劇中と)違いますが、気持ちはずっと鬼瀬くんです!」と笑顔で挨拶した。

イベントには男女のペアが54組招待されており、入場時に男性にのみバラがプレゼントされた趣旨について平野は「映画を観て、彼女の大切さを知ってもらったうえで渡してもらいたいという計画です」と説明する。平が客席に「カップルの方どれぐらいいますか?」と問いかけると、挙手したのはわずか2組。予想を覆す結果に「帰りにバラが道端に落ちてたら……」と平野が心配する中、平は「でも『honey』を通じて発展するかもしれないですね」とポジティブに話した。

「少女マンガは1ページに1回は壁ドンをしているイメージだった」と自身の考えを明かした平野。本作への出演が決まったあとのことを「少女マンガの原作来た!と思って、自分の部屋でおばあちゃんに怒られながら練習してたんですけど、壁ドンが1回も出てこなかったんですよ。でも現実に近いキュンキュンが詰まってたので、『壁ドンはしないんだな』と思いました」と振り返り、「でも練習したからちょっとやりたかったですね」と苦笑した。

お気に入りのシーンを尋ねられた平は、奈緒と高橋優演じる叔父・宗介との場面を挙げた。そして「ほっこりするシーンがあるので、お母さん世代も楽しめるかも。親子で行ってもらったりとか、老若男女問わず観られると思います」とアピールする。

続いて「この春挑戦したいことは?」という質問に対して平野は「本物の刀で居合斬り」、平は「日本らしさを感じたいので滝行」と回答し、MCをたじろがす。神徳が「今参加している作品を今までと毛色の違うものにしたい」と語ると、すかさず平が「真面目だ!」とツッコみ会場を沸かせた。

観客を交えた写真撮影が終わった後、平は「今日は来てくださって本当にありがとうございます。公開まであと16日、わたしも宣伝がんばりますので、皆さんも『honey』を愛してください」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

「honey」は3月31日より全国でロードショー。

(c)目黒あむ/集英社 (c)2018「honey」製作委員会

映画ナタリーをフォロー