映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「僕たちは死ぬ。分かるか?」エイズ患者への差別と闘った若者描く「BPM」本編映像

137

第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した「BPM ビート・パー・ミニット」の本編映像が、YouTubeにて公開された。

本作は1990年代初頭のフランス・パリを舞台に、エイズ患者への差別に抗議した実在の団体ACT UPの活動と、若者たちの恋や人生の輝きを描き出すドラマ。映像にはACT UPのメンバーたちが製薬会社のオフィスに乗り込み「人殺し! その手に血が!」と血糊をぶちまけるデモシーンが切り取られた。エイズ患者である主人公ショーンが「時間がない。猶予がないんだ。僕たちは死ぬ。分かるか?」と訴えかける様子も。

ロバン・カンピヨが監督を務めた「BPM ビート・パー・ミニット」は、3月24日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国でロードショー。キャストにはナウエル・ペレーズ・ビスカヤートアルノー・ヴァロワアデル・エネルアントワン・ライナルツが名を連ねた。

※「BPM ビート・パー・ミニット」はR15+指定作品

(c)Celine Nieszawer

映画ナタリーをフォロー