映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「しあわせの絵の具」サリー・ホーキンスがモード・ルイス役引き受けた理由語る

80

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」より、主演を務めたサリー・ホーキンスのインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

本作は、カナダの画家モード・ルイスとその夫エベレットの絆を描いたヒューマンドラマ。ホーキンスがモードを、イーサン・ホークがエベレットを演じている。

ホーキンスはインタビューにて、モード役を引き受けた理由に言及。「彼女のことを知り、いろんな発見をすればするほど、この役をやらないのは愚かだと思った」と語る。そして監督のアシュリング・ウォルシュを称賛し、ホークについては「エベレットを演じられるのは彼しかいないわ」と話した。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」は、3月3日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

映画ナタリーをフォロー