映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

林遣都、池田エライザの“アメとムチ”で「チェリーボーイズ」初日迎える

183

「チェリーボーイズ」初日舞台挨拶にて、左から前野朋哉、柳俊太郎、林遣都、池田エライザ、西海謙一郎。

「チェリーボーイズ」初日舞台挨拶にて、左から前野朋哉、柳俊太郎、林遣都、池田エライザ、西海謙一郎。

チェリーボーイズ」の初日舞台挨拶が、本日2月17日に東京・渋谷TOEIで行われ、キャストの林遣都柳俊太郎前野朋哉池田エライザ、監督の西海謙一郎が登壇した。

古泉智浩のマンガを松居大悟の脚本で映画化した本作は、林、柳、前野が25歳の童貞3人組を演じる“性春”コメディ。林は、平昌オリンピックの男子フィギュアスケートで羽生結弦と宇野昌磨がそろってメダルを獲得したことを観客に報告し、「日本中が盛り上がっているであろう歴史的な日にふさわしくないかもしれませんが、この映画を選んでくださってありがとうございます」と感謝を込めて挨拶した。

童貞の国森信一を演じた林は「自分とかけ離れた役なので、童貞に見えるようあらゆることを試しました」と役作りについて話す。そんな林に対し、柳は「目が怖かったです」、前野は「童貞にしか見えなくて、林くんというものは一切いなかった」と役作りが成功していたことを証言。林は安心しながらも「僕、観客の皆さんに『これは僕自身じゃないんだよ』というのを伝えたくて。この映画の取材やイベントでは、メイクさんに『カッコよくしてください』って伝えていたんです。普段はそんなこと言わないんですけど……」と打ち明けて笑いを誘った。

自然体なトークで盛り上がる3人を見て、池田は「現場でも本当にこのまま。なんかムフムフ聞こえてくるんですよ」といじる。そして3人のマドンナ的存在・釈笛子を演じた池田について、西海が「惚れ込んで演出させていただきました」と語っていると、前野から「監督の女性を撮る目が国森くんと一緒だった」と指摘が。池田も「(胸元を撮るシーンで)カットかけるとき、『ありがとうございますー!』って言われて。力抜けちゃいました」と明かすと、西海は「サービスしていただいたので(笑)。3人には童貞の気持ちで演じていただいているわけだから、僕も同化しないと駄目だと思ったんです」と“童貞心”を持って撮影に臨んだと熱弁する。

すると林も「笛子の胸元を見るシーンでは、最初チラチラ見るだけにしていたんです。でも監督に『止まってほしい』って言われて。おかげで本来の演技プランより長く見ることができました」と告白すると、池田は爆笑。「確かに体は張りました」と自信を持って伝えつつ、「テンポがいいので、(セクシーなシーンも)エグみがなくてコメディのワンシーンとして楽しんでいただけると思います。純粋に笑って観てください」とアピールした。

舞台挨拶では、劇中に笛子が国森に肉じゃがを振る舞うシーンがあることから、池田が手作りの肉じゃがを用意。進行上の理由により、池田から食べさせてもらえるのが林1人ということで、ほかの男性陣に文句を言われつつ、林は「今日は役ではなく本人同士で……こっちのほうがうれしいですね」と笑みを浮かべる。

さらに池田から3人に“気合い注入のケツバット”をお見舞いするコーナーも。池田は「ファンの皆さん、嫌いにならないでください」と懇願しながら、1人ひとりの尻にバットをフルスイング。林は「ヒットではなくホームランでお願いします!」と自己申告し、前野は痛がる2人を横目に「ありがとうございました!」と池田に感謝していた。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記
※「チェリーボーイズ」はR15+指定作品

(c)古泉智浩/青林工藝舎・2018 東映ビデオ/マイケルギオン

映画ナタリーをフォロー