映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「マックスマン」稲葉友と千葉雄大がかわいい対決、内田理央の謎特技に一同唖然

1242

「N.Y.マックスマン」初日舞台挨拶の様子。

「N.Y.マックスマン」初日舞台挨拶の様子。

N.Y.マックスマン」の初日舞台挨拶が、本日2月17日に東京・新宿バルト9にて開催され、稲葉友山谷花純千葉雄大内田理央久保田悠来なだぎ武、監督の増田哲英が登壇した。

本作は、千葉主演の「Mr.マックスマン」、そして竜星涼主演の「Bros.マックスマン」に続くシリーズ第3弾。稲葉演じるヒロ・マックスが、テロ計画の絡んだ誘拐事件に挑む。舞台挨拶に登場した稲葉は、「3作目ですが、僕の役は本家・マックスマンのような形で登場しました。新しいものを作るというよりもその世界に入っていけるように考えました」と役作りについて語った。

イベントではN.Y.マックスマンの能力にちなみ「時間を巻き戻したいと思ったことは?」という質問が。千葉は「この撮影が楽しかったので、戻りたいなって思います」と笑顔で答え、共演陣から「120点!」と絶賛される。「さっき車で寝ていたら、よだれを垂らして洋服がべちゃべちゃになったので時間を戻したい」と答えた内田は、稲葉に「内田さんが口開けて寝ちゃってるの、よく見る気がする」と言われ、「くせなんですよね。生まれたときに戻りたいです……」と笑いを起こした。

続いてマックスマンの大好物である“絶体絶命”なエピソードを聞かれた稲葉は、「この映画の撮影初日、千葉くんと2人っきりになったんです。ずっと会いたかったんですが、いざとなったらめちゃめちゃ“人みちり”してしまって……」と「人見知り」を噛んでしまい、「今、時間を戻したいですね」と赤面。話の続きを「そしたら千葉くんが『稲葉くんはさ、人見知り?』って話を振ってくれた」と語るも客席の反応はイマイチで、「人みちりのせいで全部終わっちゃった!」と慌てる。千葉は「そのとき僕も『人みちり?』って言えばよかったね」と言って「かわいさの格が違う!」と稲葉に恐縮されるも、「ナチュラルにはかなわない。こっちは作られたものだから!」と自虐していた。

同じ質問に久保田は、淡々と「僕、ずっと自分のことをかわいいと思って生きてきたんですけど、千葉雄大くんに会ったとき『これは絶体絶命だ、俺のかわいいポジションが……』と思いました。でもそのあとより一層努力して、今はこうして勝っております」と答え、稲葉から「全部嘘じゃないですか!」とツッコミを受ける。また山谷が、本作で第9回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」のレッドカーペットに参加したときのことを「直前にスカートのボタンがポロっと取れてしまって。それがないとパンツが丸見えの状態だったんです。だからカーペットはクリップを付けたまま歩きました」と告白すると、久保田は「もうちょっと沖縄の風にがんばってほしかったな」とつぶやいた。

「絶体絶命な経験があんまりなくてですね……」とマイペースに話し始めた内田。しかし「仮面ライダードライブ」で共演した稲葉の顔を見た途端に思い出したようで「『ドライブ』の前にもライダーのオーディションを受けたんですが、特技披露のときに間違えて、日本国憲法とジョジョ立ちを混ぜたネタをやってしまったんです」と話して登壇者たちをざわつかせる。「混ざるの!?」「やってみて!」と言われると、「当時法学部だったので……でも今、日本国憲法を全部忘れちゃってできないんです! そのときはスベって落ちたんですが、『ドライブ』のオーディションではそれをやらなかったら受かりました」と詳細を明かして笑いを誘った。

最後に稲葉が「笑いの耐えないイベントになったので、楽しんでいただけていたら幸いです。これからもマックスマンシリーズをよろしくお願いします」とイベントを締めくくった。「N.Y.マックスマン」は、新宿バルト9ほかにて1週間限定上映。

(c)2017「N.Y.マックスマン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー