映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

生田斗真と広瀬すず「先生!」ビジュアルコメンタリーで“辞書ボーン”振り返る

297

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」ビジュアルコメンタリー収録の様子。左から生田斗真、広瀬すず、三木孝浩。

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」ビジュアルコメンタリー収録の様子。左から生田斗真、広瀬すず、三木孝浩。

先生! 、、、好きになってもいいですか?」のBlu-ray / DVDプレミアム・エディションが3月14日に発売。このたび、特典ディスクに収められるビジュアルコメンタリーの撮影が行われた。

河原和音のマンガを三木孝浩が実写化した本作は、ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤と彼に初めての恋をする女子高生・響の純愛を描くラブストーリー。生田斗真が伊藤、広瀬すずが響を演じ、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未らが脇を固めた。

生田と広瀬と三木が参加したビジュアルコメンタリーは、映画撮影の合間に行われたXmasパーティーの会場を再現した部屋で実施。たこ焼き器やお絵かきグッズが用意された部屋に入った生田が「たこ焼きを焼いてくれたよね」と撮影時を振り返って広瀬に声をかけると、広瀬は「今日はわさびないですよね」とノリノリな様子を見せる。その言葉に生田が「ロシアンルーレットみたいなのはやめてよー」と笑いながら返し、冒頭から和やかな雰囲気に。

本編がスタートし、冒頭シーンを観た広瀬が「光が本当にきれい」と反応すると、三木は「『女の子は逆光で撮れ』と教わったからね」と述べ、「感情の動きを風やカーテンの揺れで表しているんです」と演出について語る。映像が響の頭に伊藤が辞書を載せる“辞書ポン”のシーンに移ると広瀬から「キャー」と悲鳴が。驚く男性陣に対して広瀬は「キュンとします!」と断言。リハーサルのときは「ポンが強めだった」と三木が言うと、生田と広瀬は「“辞書ボーン”だった」と冗談交じりに返した。

広瀬がたこ焼きを作り、生田と三木がその味を絶賛する一幕もあった収録。作品の内容について生田は「リアルな感情を丁寧に描いています」、広瀬は「少女マンガの実写化は多いけれど、特に感情移入できる素敵な作品」と述懐する。なお収録時に行われた似顔絵対決の結果はソフトで確認してほしい。

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」プレミアム・エディションにはビジュアルコメンタリーのほかにメイキング、未公開シーン集、イベント映像集といった特典映像や、ポストカード5枚セット、ブックレットも封入されている。

(c)河原和音/集英社 (c)2017 映画「先生!」製作委員会

映画ナタリーをフォロー