映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

福士蒼汰主演「BLEACH」杉咲花が死神役!監督が絶賛「ルキアにしか見えない」

1395

福士蒼汰の主演作「BLEACH」に、杉咲花が朽木ルキア役で出演。あわせて、本作の公開日が7月20日に決定したことがわかった。

「BLEACH」は、久保帯人のマンガを佐藤信介が実写映画化したバトルアクション。福士扮する霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、家族や仲間たちのために悪霊・虚(ホロウ)たちと戦うさまを描く。映画では、原作の“死神代行編”のエピソードを中心にストーリーが展開していく。

杉咲が演じるルキアは、虚を斬ることができる死神。一護に死神の力を与えたことで自身はほとんどそれを失い、普段は女子高校生の姿で彼と行動をともにするというキャラクターだ。このたび公開されたビジュアルには、ルキアの死神姿と女子高校生姿が収められている。

杉咲は「人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました」とコメント。そして「お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの2人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います」と撮影時を振り返り、「私が現場で実際に感じた2人の友情が、きっと観てくださる方々の胸に響くような作品になっているのでは、と思っています!」と作品をアピールする。

佐藤は「杉咲さんはとても慎重かつ丁寧に、一方で大胆に、この役を演じられました。撮影現場でも、杉咲さんはルキアと表裏一体。表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです」と杉咲の演技を絶賛。さらに「杉咲さんにしか演じられない、人間味あふれる死神、ルキアの活躍をぜひ、劇場で楽しんでいただければと思います」とファンにメッセージを送った。

(c)久保帯人/集英社 (c)2018映画「BLEACH」製作委員会

映画ナタリーをフォロー