映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

キンプリライブを寺島惇太や五十嵐雅が自己採点、武内駿輔は「100点の心意気」

835

「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING! あの感動をもう一度!プリズム☆シネマライブ」と題された上映イベントが、本日2月2日に東京・新宿バルト9で実施された。

これは2017年10月21日に千葉・幕張イベントホールで行われた、劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」および「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」のキャストによるライブイベントの模様を映画館で上映するもの。Blu-ray / DVDの発売を記念して開催され、一条シン役の寺島惇太と鷹梁ミナト役の五十嵐雅が舞台挨拶を行った。

寺島は「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が公開された2017年を振り返り、「常に『キンプラ』とともに歩んだ2017年でした」としみじみ。「舞台『KING OF PRISM-Over the Sunshine!-』」にも出演したため、ライブと公演の練習時期が重なった五十嵐は「昨年の9月10月頃は本当にぜいたく極まりない時間でした。テンパっていた部分もあるけど、仲間の大切さをひしひしと感じた時間でした」と周囲の助けに感謝する。

ライブでの印象深い出来事として、五十嵐が「楽屋です。空気が中学や高校みたいな男子トークで(笑)」と明かすと、寺島は「それでいいんですか!?」とツッコミ。そして自らエピソードトークを切り出したところ、どこからともなく「おいおいおいおい! お前ら!!」と低音ボイスが響く。聞き覚えのある声に観客がざわめくと、今度はさらに大きな声で「誰か一番重要なやつを忘れてないか? 俺様が大和アレクサンダーだ!」と聞こえ、サプライズゲストとして大和アレクサンダー役の武内駿輔が姿を見せた。

そして3人は「自分の歌唱曲に点数を付けるなら?」というお題でトークを繰り広げる。武内は「100点」と答え、「個人的にはいろいろ思うところもありますが、100点の心意気。胸張って言っておかないと皆さんに失礼になるかと」とその真意を述べて感心の声を誘った。続く五十嵐は、武内が完璧な回答をしたため「僕もいつも全力投球です。でも途中で五十嵐雅が出てきちゃったり、ミナトくんとのバランスを加味すると……」とあたふたしてから「78点!」と答える。即座に「僕は80点満点だから。100点なんて取れないよ!」と口にすると、観客は声をそろえて「取れるよー!」と返答。五十嵐は「稽古ではとにかく100点以上を目指すわけですよ」と真面目に持論を語ろうとしたが、空気を読んで「人は八分目がちょうどいいんです!」とうまくまとめた。

寺島の回答は「99点」。「僕は100点取っちゃうと満足するタイプなので。何か1つあったほうが次にがんばれるから」と説明し、「200点は……また来年!」と言って観客の期待を高めた。そして最後に「みんなで歌う曲は、みんな基本的に同じ振り付け。でもそれぞれがキャラクター感を加えて、ちょっとずつオリジナリティを出しています。キャラクターの違いを楽しんでいただければ! ……内田雄馬すごい回ってるな、とか(笑)」と見どころを伝えて会場を盛り上げた。

「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!」のBlu-ray / DVDは3月30日に発売。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズム PH 製作委員会

映画ナタリーをフォロー