「リアルアカウント」実写映画化が決定、SNS舞台にしたデスゲーム描く

368

マンガ「リアルアカウント」の実写映画化が、本日1月17日発売の週刊少年マガジン2018年7号にて発表された。

「リアルアカウント」実写映画化決定ビジュアル

「リアルアカウント」実写映画化決定ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

放送作家のオクショウが原作、渡辺静が作画を担当する「リアルアカウント」は、国内最大のSNS・リアルアカウントを舞台とする頭脳バトルを描いた作品。原作では、現実世界で友達が少ない主人公・柏木アタルが、自らのアカウントのフォロワーを巻き添えにするデスゲームに巻き込まれるところから物語が始まる。映画版のスタッフやキャストは明らかになっていないため、続報を待とう。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺静 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。