松田優作「蘇える金狼」など昭和のアクション映画24本を上映、宝田明のトークも

79

「新文芸坐セレクションVol.4 絶対に観てほしい活劇(アクション)電光石火の24本!」と題された特集上映が、1月11日から22日にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

「いつかギラギラする日」 (c)1992 松竹株式会社/日本テレビ放送網株式会社

「いつかギラギラする日」 (c)1992 松竹株式会社/日本テレビ放送網株式会社

大きなサイズで見る(全9件)

「蘇える金狼」 (c)KADOKAWA 1979

「蘇える金狼」 (c)KADOKAWA 1979[拡大]

この特集は、昭和のアクション映画を24本上映するもの。ラインナップには、深作欣二がメガホンを取った「いつかギラギラする日」「資金源強奪」、松田優作が出演した「蘇える金狼」 「最も危険な遊戯」「俺達に墓はない」「ヨコハマBJブルース」といった作品が並ぶ。さらに、お色気シーンが登場する「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」「0課の女・赤い手錠」などもスクリーンにかけられる。

「100発100中」 (c)1965 東宝

「100発100中」 (c)1965 東宝[拡大]

期間中の1月13日と20日にはトークショーが行われ、「100発100中」「100発100中・黄金の眼」「恐怖の弾痕」「血とダイヤモンド」に出演した宝田明が登壇する。上映スケジュールなどは劇場の公式サイトで確認してほしい。

※「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」はR18+指定作品

この記事の画像(全9件)

新文芸坐セレクションVol.4 絶対に観てほしい活劇(アクション)電光石火の24本!

2018年1月11日(木)~22日(月)東京都 新文芸坐
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / シニア、会員 1100円
<上映作品>
豹(ジャガー)は走った
狙撃
いつかギラギラする日
資金源強奪
100発100中
100発100中・黄金の眼
最も危険な遊戯
蘇える金狼(1979年)
野獣の復活
野獣都市
みな殺しの拳銃
拳銃(コルト)は俺のパスポート
野獣狩り
野獣死すべし 復讐のメカニック
薔薇の標的(1972年)
白昼の襲撃
俺達に墓はない
ヨコハマBJブルース
恐怖の弾痕
血とダイヤモンド
不良姐御伝 猪の鹿お蝶
0課の女・赤い手錠
国際秘密警察 火薬の樽
国際秘密警察 鍵の鍵

全文を表示

関連記事

宝田明のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 狙撃 / 薔薇の標的(1972年) / みな殺しの拳銃 / いつかギラギラする日 / 野獣都市 / 白昼の襲撃 / 豹(ジャガー)は走った / 野獣狩り / ヨコハマBJブルース / 最も危険な遊戯 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。