いつかギラギラする日

いつかギラギラする日

イツカギラギラスルヒ

上映時間:108分 / 製作:1992年(日本) / 配給:バンダイ=松竹第一興行

解説 “仁義なき戦い“シリーズをはじめとする一連の実録もので1970年代の日本映画界の流れを大きく変えた深作欣二監督が久々に手掛けたアクション大作。北海道を舞台に、ギャングたちの血で血を洗う抗争が展開する。若い愛人と北海道で暮らす元ギャングの柴は、若い角町と知り合い、現金輸送車から2億円を強奪する計画を持ちかけられる。柴は昔の仲間の神崎、井村の二人を東京から呼び寄せる。計画は成功したかに見えたが、中には5000万円しかなく、仲間割れに。角町が井村を射殺、柴も重体となる。かろうじて逃げ延びた神崎が角町を追い、そこへ角町に金を貸しているヤクザも加わって、三つ巴の戦いが始まる……。息を飲む銃撃戦やカーチェイス、バイオレンスに拍車をかけるBGMのハード・ロックなど注目すべきシーンが多い。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:深作欣二

キャスト

神崎:萩原健一
角町:木村一八
麻衣:荻野目慶子
美里:多岐川裕美
井村:石橋蓮司
八名信夫
安岡力也
野地:原田芳雄
柴:千葉真一
樹木希林

六平直政

いつかギラギラする日の画像