映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

世界のアニメ特集上映、ヨン・サンホ初の長編やM・ゴンドリーのドキュメンタリーも

140

「豚の王」

「豚の王」

特集上映「GEORAMA2017-18 presents ワールド・アニメーション 長編アニメーションの新しい景色」が、1月13日から26日にかけて東京のシアター・イメージフォーラムにて開催される。

これは、2014年に東京・バウスシアターにてスタートした国際アニメーション映画祭。第3回にあたる今年は、「21世紀のアニメーションがわかる本」の著者・土居伸彰が選んだ世界各国の長編アニメ19本、短編アニメ9本の計28作品が集結した。

本イベントは6部門で構成される。「アジアの新しい景色」部門では、「新感染 ファイナル・エクスプレス」で知られるヨン・サンホにとって初の長編アニメであり、ヤン・イクチュンが声優を務めた「豚の王」などがラインナップ。「アメリカ大陸の新しい野生」部門では「トーリー・パインズ」を、監督であるクライド・ピーターソンのライブ演奏付きで上映する。

「ヨーロッパの新しい風」部門ではチェコの人形アニメ「さかなの子、リトル」を日本初上映し、「リ=ディスカバリング・クラシックス」部門では「ロジャー・ラビット」のアニメーション監督リチャード・ウィリアムズのドキュメンタリー「パーシスタンス・オブ・ヴィジョン リチャード・ウィリアムスと幻の長編」をスクリーンにかける。また「ベスト・オブ・GEORAMA」部門ではミシェル・ゴンドリーが言語哲学者ノーム・チョムスキーのインタビューをアニメドキュメンタリーとして構成した「背の高い男は幸せ?」を扱うほか、「特別プログラム」部門ではドン・ハーツフェルトの最新作「明日の世界II 他人の思考の重荷」の日本プレミア上映を実施する。

前売り券は、劇場窓口にて販売中。

※「豚の王」の上映は中止となりました。

土居伸彰 コメント

いま、世界のアニメーション・シーンでは大きな地殻変動が起こっています。これまで確固たるアニメーションの歴史が無かった国から、伝統ある国々からはとても想像がつかなかったような斬新な表現が生まれつつあります。とりわけ、長編アニメーションがその最もエキサイティングな変化の中心になっています。今回の上映では、世界のアニメーションの新しい景色を一望できるような作品を揃えました。ふと興味の湧いた作品をまず一本観てもらうところから、ぜひ始めてみてください。

GEORAMA2017-18 presents ワールド・アニメーション 長編アニメーションの新しい景色

2018年1月13日(土)~26日(金)東京都 シアター・イメージフォーラム
料金:前売り1回券 1300円 / 前売り4回券 4400円 / 前売り10回券 1万円 / 当日一般 1500円 / 当日学生、シニア 1200円 / 当日会員 1100円

<上映作品>

アジアの新しい景色

「天国から見放されて」
「サリーを救え!」
「PIERCING I」
「豚の王」
ウリビョル1号とまだら牛

アメリカ大陸の新しい野生

「トーリー・パインズ」
「ナッツ! ブリンクリー博士の奇妙な運命」
「海でひとりのスローカム」

ヨーロッパの新しい風

「サイコノータス 忘れられたこどもたち」
「さかなの子、リトル」
ロックス・イン・マイ・ポケッツ

リ=ディスカバリング・クラシックス

「パーシスタンス・オブ・ヴィジョン リチャード・ウィリアムスと幻の長編」
「サン・オブ・ホワイトメア」

ベスト・オブ・GEORAMA

「背の高い男は幸せ?」
コンシューミング・スピリッツ
ザ・クリスティーズ
さよならミスター・クリスティー
死亡以上埋葬未満
痛くて惨めだ

特別プログラム

「イライザから私たちへ」
「明日の世界」
「明日の世界II 他人の思考の重荷」
「ドールズ・ドント・クライ」
「ネガティブ・スペース」
「ヘッジホッグの家」
「オロジェネシス」
「アグリー」
「エブリシング」

映画ナタリーをフォロー