映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

川村元気の小説「億男」を大友啓史が映画化、2018年秋公開

267

「億男」ビジュアル

「億男」ビジュアル

本日12月13日に、東宝の2018年作品ラインナップが発表され、「世界から猫が消えたなら」の原作者で映画プロデューサーの川村元気による小説「億男」が映画化され、2018年の秋に公開されることが明らかになった。

「億男」は、宝くじで3億円を当てた図書館司書・一男が、失踪した親友・九十九を探すため冒険するさまを通して、お金や幸せとは何かを描いた作品。この小説は2014年に発売され、書店員の選出によって受賞作が決められる2015年本屋大賞で10位を獲得した。「3月のライオン 前編」「3月のライオン 後編」や「ミュージアム」の大友啓史が監督を務める。なお出演者は現時点では発表されていないので続報に期待しよう。

映画ナタリーをフォロー