映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

高橋一生が長澤まさみのサプライズに照れる、「嘘を愛する女」舞台挨拶で誕生祝い

706

本日12月9日、「嘘を愛する女」の舞台挨拶が愛知・イオンシネマ大高で行われ、キャストの長澤まさみ高橋一生が登壇した。

本作は、くも膜下出血で倒れた恋人・小出桔平が名前や職業などのすべてを偽っていたことを知り、彼の正体を突き止めようと奔走するキャリアウーマン・川原由加利の姿を描く作品。長澤が由加利、高橋が桔平を演じる。

サプライズで登場し、観客の黄色い歓声を受けた2人。長澤は「この映画をご覧いただいたお客様の前に立つのは初めてなので、少しずつですが、たくさんの人に届いているのはうれしいです」と挨拶。高橋は「キャンペーンも、キャンペーン先での舞台挨拶も人生で初めて」と明かした。

長澤は「この作品は、同世代の女性に観ていただきたい作品になりました。いろんな要素が詰め込まれた、ラブストーリーであり、ミステリーであり、ロードムービーであり……本当に飽きさせない作品になったと思います」と述懐。高橋は「この作品は、どの人物の視点になっても楽しめますし、作品自体がシンプルに構成されているので、その合間に思いを馳せていただけると思います。友達や恋人を誘って、観ていただけたらうれしいです」と観客に思いを届けた。

イベントでは本日が誕生日の高橋に長澤からケーキが贈られるサプライズも。自身の顔がプリントされたケーキに高橋は「写真がケーキになっていますね! イチゴのショートケーキは大好きなので、半分くらいは食べて帰ります」と照れながら感想を述べる。最後に長澤から「初めてのキャンペーンなんだもん、最後に締めの一言を」と振られた高橋は「初めて尽くしで、一生心に残る思い出になりました。これからも俳優として精進していきたいと思います。ありがとうございました」と挨拶した。

中江和仁が監督を務めた「嘘を愛する女」は1月20日より全国ロードショー。

(c)2018「嘘を愛する女」製作委員会

映画ナタリーをフォロー