映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ミシェル・ロドリゲスの役は男優が演じる予定だった?「レディ・ガイ」監督コメント

88

「レディ・ガイ」

「レディ・ガイ」

レディ・ガイ」の監督ウォルター・ヒルよりコメントが到着した。

仲間に裏切られ、性転換手術によって女の体に改造された殺し屋の復讐を描く本作。ミシェル・ロドリゲスが女に改造された殺し屋フランク・キッチン、シガニー・ウィーバーがマッドドクターのレイチェル・ジェーンを演じる。

1970年代の後半から本作の着想を持っていたと言うヒルは「2週間で書き上げたね。そしてその脚本からグラフィックノベルを作り、映画を作った。フランク・キッチンとレイチェル・ジェーン外科医というキャラクターを描くのは実に面白かったよ。2人は社会的立場も話す言葉もまったく違う。だからプロットを削って、できるだけシンプルにしたんだ」と脚本制作を振り返る。

キッチンを男優に演じさせることも検討していたことを明かし「だが男優がこの役を演じると、さらに課題が増えると思ったんだよ。メイクがさらに重要になり、メイクばかりが注目される映画になるのは嫌でね」とコメント。またホラー映画のように演出されている手術シーンについて「手術を受けているフランクの視点から撮っている。手術のシーンは、この映画にとって課題でもなければ、トランスジェンダー政策を支援するものでもない。現代医学を描くには、この方法が適切だろう」と狙いを語っている。

「レディ・ガイ」は2018年1月6日より東京・新宿シネマカリテほかにて全国順次ロードショー。

※「レディ・ガイ」はR15+指定作品

(c)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー