映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中村悠一ら「ガンダム サンダーボルト」初日に集結、タイトルの意味が明らかに

125

アニメーション作品「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」の公開初日舞台挨拶が、本日11月18日に東京・新宿ピカデリーで行われ、イオ・フレミング役の中村悠一、ダリル・ローレンツ役の木村良平、ビアンカ・カーライル役の古川由利奈、監督の松尾衡、プロデューサーの小形尚弘が登壇。古川がMCも務めた。

本作は、Amazonビデオほかにて有料配信中の「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第2シーズン全4話に新作シーンを加えた特別編。中村が「なかなかスクリーンで観られる機会はないと思います。僕も大きいスクリーンで観て気付くことがたくさんありました。自宅で観るのとはまた違った発見があります! ぜひ楽しんでいただきたいです」と呼びかけると、それに続いて共演者たちも劇場公開の喜びを口にする。そんな中、松尾だけは「大きい画面で観るっていうのは、僕らにとっては拷問だね(笑)。(視聴の)推奨はiPadサイズです」と控えめにコメント。一方で「音はぜひ大音量で聴いてほしい」と自信をのぞかせ、小形も「今回の劇場版は低音を効かせてるはずです」と述べた。

また松尾は、タイトルに「BANDIT FLOWER」と名付けた理由を説明する。「震災後、しばらくしてから(被災地を)見に行ったことがあって。人が住めないような状態のところだったんだけど、植物だけは元気に育っていて、花もたくさん咲いていて、なんでここで人が住めないんだろうという気持ちがあった。一方で、風と水があれば植物は力強く育つんだなとも感じた」と述懐。そして「人がいなくなった場所でも花がどんどん咲き広がっていく様子が、戦争が終わっても、まだ自分たちのテリトリーを広げていく人たちと掛けられないかと考えました」と続け、「“山賊”という意味の“BANDIT”を足して“花のように進んでいく人たち”と意味付けた」と語る。劇中に登場する花や背景の色も花言葉と掛けているとのことで、「実はダリルが乗っているアッガイのレーダーが花のように開くデザインになってます!」と明かした。

最後に木村は「今回まだ(イオとダリルは)会えていないので、皆さんが『面白かった!』と言っていただければイオに会えるかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします」、中村は「大きいスクリーンで観て、いい音響で聴いたときに発見できる場所もたくさんあると思います。(今作は)先が作れるように終わらせるという見事な腕前を発揮しておりますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします」と挨拶した。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」は本日より全国15館にて2週間限定で上映。

映画ナタリーをフォロー