「鎌倉ものがたり」会見、堺雅人が「高畑充希さんの手を握りたくなった」と告白

581

本日11月7日、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の完成披露会見が、東京の東京国際フォーラムにて行われ、キャストの堺雅人高畑充希堤真一安藤サクラ田中泯中村玉緒、監督を務めた山崎貴が登壇した。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。

大きなサイズで見る(全16件)

本作は、西岸良平のマンガ「鎌倉ものがたり」を「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴が実写化したファンタジー。心霊捜査にも精通するミステリー作家・一色正和が、神奈川・鎌倉で不思議な事件に挑む。

堺雅人

堺雅人[拡大]

最初に山崎は「日本映画があまりやってこなかったことを今回やってみたいなと思って、けっこうなファンタジーに挑戦してみました。昔からの夢だった世界観をこんなに素晴らしいキャストの皆さんと作れて楽しい経験でした」と挨拶する。主人公の正和を演じた堺は、本作を「老若男女が楽しめる素敵な作品になったと思います」と紹介。そして「奇想天外な冒険ファンタジーではあるんですけど、基本になっているのは夫婦のお話で、ちっちゃな関係を描いているのがすごく素敵だなと思って。大きな冒険をしているのですが、妻を恋しく思っているというギャップが面白い」とその魅力を語る。

高畑充希

高畑充希[拡大]

正和の年の離れた妻・亜紀子に扮する高畑は「山崎さんの監督作は何本も映画館で観ていたのですが、めちゃくちゃ超大作を撮るというイメージがあったので、自分が呼ばれる日が来ることは想像していなかったんです」と述べ、「でも台本を見たら“小学生に見間違えられる若い妻”、と書いてあって『あ、だからか』と。童顔がコンプレックスになるときもあるんですが、童顔でよかったと思いました」と笑顔を見せる。山崎は「童顔といったら高畑さん。でもこの役って幼い姿から母性を見せるところまでできなきゃいけないんで。高畑さんの幅広い演技力に助けられたんです」と感謝を示した。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。[拡大]

正和の担当編集者・本田役の堤は山崎組の現場を「とにかく真面目に明るい。スタッフの1人ひとりが自分の仕事以上のものを懸命にやろうとしている現場」と称賛。そして「撮影期間が短かったんですけど、もっと出たかった」と思いを吐露した。陽気な死神役の安藤は「山崎組に憧れていたので、オファーを受けてとにかくうれしかった」と喜びを伝え、本編を観た感想を「遊園地に行った子供みたいで楽しかった」と語る。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見の様子。[拡大]

お互いNHKで撮影していたときに、廊下でときどき挨拶をする関係だったという堺と高畑。堺は高畑との共演を「根拠のない信頼感があったので、あとで歳を聞いてびっくりしたくらい。なんなら先輩くらいの気持ちで共演していました」と振り返る。「堺さんといつかご一緒できたらいいなと思っていた」という高畑は、「堺さんと廊下で会ったとき、『今度一緒だねー! うれしいよ』とハグせんばかりの感じで喜んでくださって。大先輩の方ばかりで肩に力が入っていたんですが、堺さんからフランクに声をかけていただいたのでホッとしました」とエピソードを明かす。

続けて堺は「亜紀子の生き生きとした可愛らしさが見どころの1つ。その雰囲気に引っ張られるように物語が進みます」とコメント。さらに夫婦愛が描かれる本作について「試写を高畑さん、僕、堤さんの並びで観たんですけど、途中、高畑さんの手を握りたくなって。ふとしたときに隣で握れる手があるというのは非常に素晴らしいなと思いました。隣が堤さんじゃなかったら握ってたかも」と打ち明ける。高畑は驚いた様子を見せながらも「え……握ってくれたらよかったのに。で、堤さんが堺さんの手を握って」と冗談交じりに応え、会見は終始和やかな雰囲気のまま終了した。

宇多田ヒカルが主題歌として「あなた」を提供した「DESTINY 鎌倉ものがたり」は、12月9日より全国ロードショー。

この記事の画像(全16件)

関連記事

堺雅人のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DESTINY 鎌倉ものがたり / 堺雅人 / 高畑充希 / 堤真一 / 安藤サクラ / 田中泯 / 中村玉緒 / 山崎貴 / 西岸良平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。