「あゝ、荒野」山田裕貴、菅田将暉と死ぬ気で激突「憧れるのはナシだなと思って」

1292

本日10月30日、「あゝ、荒野 後篇」の舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーで開催され、キャストの山田裕貴と、監督・岸善幸が登壇した。

「あゝ、荒野」舞台挨拶に登壇した山田裕貴。

「あゝ、荒野」舞台挨拶に登壇した山田裕貴。

大きなサイズで見る(全11件)

「あゝ、荒野」は、菅田将暉演じる人生の挫折を味わった少年院上がりの新次と、ヤン・イクチュン扮する吃音と赤面対人恐怖症に苦しむ“バリカン”こと建二が織りなす青春ドラマ。山田は、新次の宿命のライバル・裕二を演じた。

山田裕貴

山田裕貴[拡大]

裕二役をオーディションでつかんだ山田は「この映画に出ることによって、役者として見てもらえるんじゃないかと思ったんです」と述懐し、「マネージャーさんにも『この役を落としたらこの先を考えなきゃいけないね』と言われていて。(裕二役の候補は)もう1人、僕も好きな俳優さんもいたので死ぬ気で臨みました」と当時を懐かしむ。

オーディションの合格後は、「百円の恋」にも参加した松浦慎一郎にボクシング指導を受けながらトレーニングに励んだ山田。期間中は「プロに近付けば近付くほど裕二にも近付く」と感じていたそうで、「すべてのメニューが終わったあとに、思いっきりお腹を殴られるのを30回から50回くらいやるんですよ。ジムの人たちが『この子たちは本当にプロになるんですか?』とおびえるほど真剣にやっていました」と過酷な練習の一端を明かし、「そのときは主演舞台やベーシストの役もやっていたから、俺は何者なんだ?と感じていました」とはにかんだ。

「あゝ、荒野」

「あゝ、荒野」[拡大]

山田裕貴

山田裕貴[拡大]

劇中に対戦シーンが登場する菅田の話題になると、山田は「俳優としての表現は好きな部分が多い」と彼について語ったあと「『BLEACH』というマンガに『憧れは、理解から最も遠い感情だよ』とあるのですが、僕も菅田くんに憧れるのはナシだなと思って」と続ける。そして「死ぬ気で行こう」と菅田と言い合っていたという試合の場面では、意識が飛んだこともあったとエピソードを披露しながら「アクションの部分が終わってもカットの声がかからないから、そこから先はただボクシングなんです!」とコメント。また、「いいカットが撮れました」という岸の感謝の言葉に、山田は「役者冥利に尽きます」と笑顔で返す。それを受けて岸は「ボクシングシーンは本当に誇りを持って作れたと思います。(山田の)この体に感謝です」と作品の完成度に胸を張った。

山田裕貴

山田裕貴[拡大]

最後に山田は「観終わったあと、すごい映画だなと思ってもらえると思います。最後まで楽しんでください」と観客に語りかけ、イベントを締めくくった。

あゝ、荒野 前篇」「あゝ、荒野 後篇」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全11件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

山田裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 あゝ、荒野 後篇 / あゝ、荒野 前篇 / 山田裕貴 / 岸善幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。