映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「KUBO」制作スタッフが日本文化の描写に言及、黒澤明や木版画から影響

71

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」舞台挨拶にて、左から後藤太郎、ブラッド・シフ、ブラッド・ヴァルド。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」舞台挨拶にて、左から後藤太郎、ブラッド・シフ、ブラッド・ヴァルド。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密」が、第30回東京国際映画祭の特別招待作品として本日10月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで上映され、アニメーションスーパーバイザーのブラッド・シフ、スタジオライカのCOOブラッド・ヴァルド、プロダクションコンサルタントの後藤太郎が登壇した。

本作は「コララインとボタンの魔女」で知られるスタジオライカが、日本を舞台に作り上げたストップモーションアニメーション。三味線の音色で折り紙に命を与え操る少年クボが、面倒見のいいサルや弓の名手であるクワガタの助けを得て、両親の仇を討つ旅に出る。

3DCGアニメーション全盛の現在、手間や時間のかかるストップモーション作品に取り組む理由を尋ねられると、ヴァルドは「私たちが情熱を感じているからの一言です」と返答。「“本物”の空間の中で、“本物”の物体に、“本物”の照明が当てられる。そして素晴らしいクリエイターたちの手によって作品に生まれ変わる。ほかに比べられるものはありません」とこだわりを貫く理由を述べた。

シフは黒澤明作品から構図などの面でインスピレーションを受けていると解説し、「殺陣の動きやキャラクターの物腰などは特にリアルを追求したかった。戦いや祭りの踊りの振り付けは専門の先生を呼んで作りました」と日本文化の描写について説明する。後藤は木版画家・斎藤清の影響が反映されていることにも言及し、「木版画の細かいきめをレーザープリンティングで背景に表現していた。肉眼でわからないような細かい部分だけど、全体として見ると質感に大きく影響している。日本の職人意識がアメリカでも継承されていると感じました」と現場で見たクリエイターたちの仕事ぶりを伝えた。

舞台挨拶では、実際に撮影で使用されたクボのパペットをシフが披露。「体にワイヤーやホイールが組み込まれていてポーズをキープできるようになっている。骨格の部分はスチール製だよ。1秒で24コマだから表情も24回変えていくんだ」というシフの説明に、観客は驚きの声を上げる。またシフは「僕らはこのパペットたちを“小さなヴァンパイア”と呼んでいるんだ。アニメーターたちの命を吸い尽くして動いているからね」と述べ、会場の笑いを誘った。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」は、11月18日より東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。なお本作は11月2日より始まる第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭でも上映される。

映画ナタリーをフォロー