映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジム・キャリーの役作りに迫るドキュメンタリーがNetflixで配信

151

「ジム&アンディ」

「ジム&アンディ」

ジム・キャリーに焦点を当てたNetflixオリジナル作品「ジム&アンディ」が、11月17日に全世界同時配信されることが明らかに。あわせて予告編がYouTubeで公開された。

「ジム&アンディ」は、2000年に日本公開された「マン・オン・ザ・ムーン」にて、実在のコメディアンであるアンディ・カウフマンを演じたキャリーの役作りに迫るドキュメンタリー。「アンディをどうしても演じたかったのは、たぶん僕たちにたくさんの共通点があるからだろうね」と話すキャリーが、撮影当時いかにして役にのめり込んでいったのかを追う。「her/世界でひとつの彼女」のスパイク・ジョーンズがプロデューサーを務め、クリス・スミスがメガホンを取った。

予告編には、「マン・オン・ザ・ムーン」撮影現場の様子や、キャリーが当時を振り返りながら「自分でも制御不能だった」「撮影が終了したとき自分が思い出せなかった」と語るさまが映し出されている。スミスは「本作を撮るにあたっては、関係者全員に取材をしたいという衝動にも駆られました。しかし、当時の映像を観ていくに連れ、私の興味はジムと彼の思考のプロセスのみに絞られていきました。本作を単なるこの出来事のドキュメンタリーではなく、ジムとアンディ2人の人生を感情面から探求する出発点にしたかったのです」とコメントを寄せた。

映画ナタリーをフォロー